抗不安薬の副作用について

 

薬には多かれ少なかれ、必ず副作用が生じます。

 

 

なかには全く感じないという人もいます。

 

 

精神科で処方されるものは副作用が心配ということも多く
聞かれますが、使用上の注意、医師の指示に従っていれば
心配することはありません。

 

 

また合う合わないはありますので、様子を見て医師が処方を
変えていくことも大切ですし、患者さんにベストなものを
見出すのが医師の勤めでもあります。

 

 

一般的には、眠気、だるさなどがあげられます。

 

 

また、ふらつき、胃腸系の不快感、体重の変化などが報告
されていますが、症状がひどい場合にはすぐに医師に
申し出ることが大切です。

 

 

基本的に抗不安薬は抗うつ薬に比べて副作用が少ない
といわれています。

 

 

副作用は約1週間がピークと言われていますので、
1週間くらいは我慢してみる事も大切かも知れません。

 

 

ただし、服薬をすると「嘔吐する」という様な場合は、
他の薬に替えなければならないでしょう。

 

 

おもに報告されている抗不安薬の副作用です。
(必ず起こる、というわけではなく個人差があります。)

 

 

■ジベンゾチアゼピン系向精神薬・・・セロクエル
・薬疹  ・眠気

 

 

■ベンズアミド系向精神薬 ・・・・・アビリッド
・脱力感
・・・・・・・・・・・・・・・・・・セパゾン
・眠気

 

 

■消化性胃潰瘍治療薬 ・・・・・・・ドグマチール
・体重増加
・ホルモンのアンバランス
(生理が不規則  ・生理が遅れる)
・極度の眠気 

 

 

■ベンゾジアゼピン系精神安定薬・・・メイラックス
(不安)長期作用型 
眠気  ・ふらつき  ・体重増加  ・便秘

 

■ベンゾジアゼピン系向精神薬・・・・リスパダール
・ふるえ

 

 

■ベンゾジアゼピン系精神安定薬
(不安)中期作用型 
・・・・・・・・ソラナックス
・眠気  ・めまい  ・体がだるい
・・・・・・・・メデポリン
・眠気
・・・・・・・レキソタン
・眠気  ・体がだるくなる
・・・・・・・・ワイパックス
・抑圧感

 

 

■ベンゾジアゼピン系精神安定薬
(不安)短期作用型 
・・・・・・・デパス
効いている時と効いていない時の差がありすぎて
体応できないことあり。
・強い依存症になりやすい・息苦しさ・動悸・倦怠感
・頭がボーッとする  ・睡魔

 

 

■ベンゾジアゼピン系抗けいれん薬 
・・・・・・・リボトリール
・強い眠気
・・・・・・・・レンドミン
・過呼吸になる  ・不安が増す  ・貧血
(全国パニック障害克服の会資料より)

 

 

副作用の出方には特徴があり、非常に個人差が大きいもの
ですから特にひどい場合は医師に相談して適切な処置、
指導を受けることを大前提としましょう。

 

 

自己判断は決してしないことが必要です。

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ