パニック障害改善の為にまず “ すること ”とは

 

 

パニック障害を改善し、克服するためには、
様々な治療法があります。

 

投薬治療(薬物療法)心理療法(精神療法)
実行されている方がほとんどかと思います。

 

実は、もっと早く知っていればパニック障害を、
こんなに長引かせることなく、もっと早い時期に
改善させることができたかもしれない。

 

そんな治療の方法があります。

 

 

パニック障害を治療していくにあたって、
あなたは、何から始めればよいと思いますか?

 

さて、何から始めたらいいんでしょう。

 

薬を飲むこと?
病院にいくこと?
カウンセリングを受けること?

 

間違いではありませんが、その前にどうしても
やっておかなければいけないことがあります。

 

パニック障害を治療していくにあたって
あなたが、パニック障害を改善していく上で、
一番最初に必要なこと、

 

それは・・・

 

「パニック障害というものを知る」 

ということです。

 

つまり、
パニック障害について「勉強する」ということです。

 

なぜか?

 

よく聞いてください、大事なところです。

 

なぜ、知ることが大切なのか。

 

「知ることは不安を減らし、結果、パニックを防ぐからです」

 

知るだけで、あなたが怖いと思っている
パニック発作を防ぐことができるんです。

 

なぜ、知るだけで、パニック発作を防ぐことができるか?

 

それは、パニック発作発生のメカニズムが次の
通りになっているからです。

 

まず、パニック障害で発生するパニック発作には
『2つのパターン』があります。

 

 

 

まず、パニック発作の1つめのタイプは

 

【発作のパターン1】

 

”状況に関係なく起こるパニック発作”

です。

 

 

あなたがどこにいようが、何をしてようが、
”状況にまったく関係なく起こるパニック発作”です。

 

パニック障害初期に起こるパニック発作で
あなたの状況に依存せずに、発生します。

 

状況に依存せずに発生する、とは、
あなたが電車に乗っていたから発生した、●●だから発生した、という
発作を引き起こすきっかけが”ない”場合を言います。

 

あなたが、どこにいても、
何をしていても襲ってくるパニック発作のことです。

 

このタイプの発作は、パニック障害の初期に起こる発作で
薬物療法で解決するのが良いと言われています。

 

 

 

パニック発作の2つ目のタイプは、

 

【発作のパターン2】

”状況に依存して起きる発作”

です。

 

状況に依存して起きる発作、とは、
あなたが●●をしたから、起こった発作、ということです。

 

例えば、電車が苦手な人が電車に乗ったら、発作になった。
という、タイプの発作です。

 

なぜ、電車に乗ると発作になるか?

 

(例えば、電車が怖いと思っている人であれば、)

その電車に乗る

発作が起こるかもしれない、と思う

極度の緊張、不安状態

発作になる。

 

という流れで、極度の緊張、不安な状態から
発作を引き起こしています。

 

「極度の緊張、不安な状態は発作を引き起こす」のですね。

 

本来、電車には発作が起こす力はありません。

 

なのに、「発作が起きたらどうしよう!」
って思うから発作になる、という悪循環で、
自らが引き起こしてしまっています。

 

そして、パニック障害を長引かせている方のほとんどが
”状況に依存して起きる発作”、つまり●●したら起こる発作、
に苦しんでいるんですね。

 

これは薬ではなかなか解決できません。

 

きちんとした対応を取らないと、本当に薬なしでは生きていけない、
という状態になってしまいます。

 

では、どうすればいいのか。

 

また、発作になったらどうしよう、と思って
極度の緊張をしてしまう方は

まずは、発作への対処法や、そもそも発作を起こさないように
するにはどうするか、を学ぶことが重要です。

 

発作への対処法を知ることで、対処できる、という自信がつき
結果、安心して発作そのものが減っていくんですね。

 

対処法を身につけた結果、

 

→発作に対処できる、というメリットのほかに
→それができる、という安心感から緊張がやわらぎ
発作が起こらなくなる、

 

という副次的な(というか本来はこちらが目的ですが)
メリットが発生するんです。

 

でもパニック障害のことを勉強しようにも
「どうやって勉強したらいいかわからない。」
と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

インターネットを見ても、情報が整理されていないし、
本を読んでも具体的な方法はどこにも書いていない。

 

 

お医者さんは薬を出すことしかしてくれないし
カウンセラーは話を聞くことしかしてくれない。

 

どうすればいいんだ!

 


誰か助けて欲しい、、

 

そんな風に、毎日、毎日思っていないでしょうか。

 

もし、あなたがご家族のために、大切な方のために
このブログを読んで頂いるようであれば大変申し訳ないこと
ではあるのですが、病気というのは病気なった人にしか
わかりません。

 

パニック障害は、特にその傾向が強い疾患です。

 

ですから、
「パニック障害について、もっと勉強してください」

 

と言いたいのですが、できればパニック障害を患う本人が
パニック障害のことを知る
必要があります。

 

 

あなたの体なんです。

 


あなたの人生なんです。

 


医者任せじゃダメなんです。



薬任せじゃ本当にダメなんですよ。

 

まずは、パニック障害について知ること、
そして自分を知ることから始めて欲しいと思います。

 

なぜなら、それが一番早道だから、近道だから。
そんな風に思っています。

 

 

 

⇒現役精神科医によるパニック障害克服法

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 


FC2 Blog Ranking

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ