現役の精神科医師が監修するパニック障害克服方法

 

現役の精神科医によるパニック障害克服法と聞くと
どのように感じられるでしょうか?

 

 

 

現役の医師ですから、現在あなたが通院している場合は
担当医のイメージを持たれるかもしれません。

 

 

 

紹介させていただく精神科医は、本田メンタルクリニック
という精神科の、院長である本田 昌毅氏です。

 

 

 

本田 昌毅氏は、精神科医としても有名ですが、産業医、
美容外科医としても有名で、TV出演されたり、著書を
出している方なのでご存知かもしれません。

 

 

 

ですから、いわゆる自称カウンセラーとかセラピスト、
アドバイザーというような無資格の方による克服法とは
一線を画するパニック障害改善法になります。

 

 

 

そういう意味では、内容的にも本田 昌毅氏が実際に、
多くのパニック障害患者に対して行っている方法に
なりますので、信頼性の高い内容です。

 

 

 

内容を見て頂くとわかるのですが、現役の精神科医と
いうだけあって、投薬治療においての薬ごとの効果
薬の種類や強さ、そしてそれに伴う薬の副作用に至るまで、
詳しく解説されています。

 

 

 

現在投薬治療を受けているという場合は、自分の薬を
照らし合わせて、内容を再度チェックされてみるのも
いいのではないでしょうか。

 

 

 

また、投薬治療と併用される事が多い心理療法については、
実際に自宅で、あなたがひとりでできるように、順序立てて
書かれていますので、全くの未経験者でも迷わずにできる
という内容になっています。

 

 

 

心療内科精神科メンタルクリニックなどでも特によく
使われる【 減感作療法 】【 自律訓練法 】については、
画像や図解で詳しく説明された内容が、これも順序立てて
数十ページにわたって解説されています。

 

 

 

このプログラムに共通しているのは、パニック障害を自分で
克服するためには、具体的に何をすればいいのかという
ことです。

 

 

 

例えば一例ですが

 

第3章 自分でできるパニック症候群克服法

心構えとは……………………………………….
日常生活にできること……………………………
こんな考え方で見ていこう……………………….
突発的に発作が起きたときの緊急対処法…………
対人面でのポイント………………………………

 

第4章 さらなるトレーニングと再発防止

パニックを改善する自己トレー二ング……………
トレー二ングにあたっての注意点………………..
再発防止のためのポイント……………………….
快方に向かっている判断基準は…………………..
快方に向かっているときの過ごし方………………

 

 

 

という具合に、改善の進歩状況に応じて進めていくという
スタイルになっています。

 

 

 

パニック障害の症状に応じて、書かれている順番通りに
進めていくことができますので、自分にできるだろうか?
という心配は必要ないでしょう。

 

 

 

さらに、パニック、うつ、恐怖症の短期改善報告が世界中から
続々と届いている日本ではほとんど知られていない療法EFT
についての説明と実践方法が26ページにわたって説明されて
います。※EFT(emotional freedom techniques)

 ⇒EFT(イーエフティ)って何?

 

 

 

また、パニック障害を克服した後の再発防止方法や、その後の
人生をどう生きるかという人生のアフターケアまで踏み込んだ
内容があるのには、正直驚きました。

 

 

私がこの パニック障害克服法を実際に見て思ったことは、
この改善法のみでパニック障害を克服するのは可能だろうか?
ということです。

 

 

パニック障害の初期や症状が軽度の場合は、この改善法のみ
で治ることもあるでしょう。
(実際に克服・完治した例が、多数書かれていました)

 

 

しかし、私はまず専門医療機関で診察を受けて、そのうえで
活用するのがいいと思います。

 

 

パニック障害の治療は、少なからず投薬治療が行われます。

 

 

そして、治療の期間が長ければ長いほど投薬量も増えて
いきます。

 

 

パニック障害患者さんの気持ちとしては、できるだけ早く
薬に頼る生活から解放されて、普通の生活ができるように
なりたい。

 

 

ということではないでしょうか。

 

 

プログラム内にも書かれていますが、現在病院の投薬治療を
受けている方は、自分の判断で投薬を止めることは、とても
危険が伴います。

 

 

ですから、このパニック障害克服法を手にされたとしたら、
最終目的として、薬をやめることを目指すのは構いません。

 

 

段階的に減らしていけるように、そして薬が必要ない普通の
生活に戻るために、パニック障害克服法を、効果的に使って
いただきたいと思います。

 

 

そしてパニック障害が完治した後に

 

 

「そういえばパニック障害だったときもあったよね!」

 

 

とサラリと言える、幸せな日が来ることを願ってやみません。

 

 

私の説明が下手で、プログラム内容の詳細や特徴などが
わかりずらかったことは、お詫び申し上げます。

 

 

詳細については、以下からご覧ください。

 

 

 

 

⇒【現役の精神科医師が監修するパニック障害克服方法】

 

 

 

 

 

 

⇒自律神経からアプローチするパニック障害克服方法

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ