空の巣症候群について

 

 

空の巣症候群(からのすしょうこうぐん)といいます。

 

 

空の巣症候群とは、40~50代の女性に多い症状で、
抑うつ症状のことです。

 

 

子供が成人し、子育てが一段落して自立したあとによく見られ、
進学や就職で親元を離れて一人暮らしを始めたときや、結婚での
独立などをきっかけになりやすい。

 

 

子供が巣立つことによって、母親としての役割を終えたという
虚脱感・虚無感や孤独感を感じて、新たな生きがいや目標を
見つけられないことでうつ状態に陥るものをさします。

 

 

この時期は、女性の更年期にあたることもあり、夫との関係が
希薄(出張や仕事で構ってもらえないなど)で、夫婦生活も
ほとんど無い状態だと、定年即離婚という展開もありうる。

 

 

子供の成長のみを第一に、子供だけが生きがいという生活を
してきた場合に多く見られ、自分の楽しみや趣味なども
少ない場合に多くみられます。

 

 

 

空の巣症候群になりやすい人の傾向としては、以下のような
特徴があります。

 

   ・子育てが生きがいである、良妻賢母型の専業主婦
   ・人との付き合いがあまり得意ではない
   ・近所づきあいなどが少ない、ほとんどない
   ・一日中家にいて家事をやっていることが多い
   ・外に出るよりも家にいる方が好き
   ・趣味がない、少ない
   ・ストレスを発散できずためるタイプ

 

 

 

 

空の巣症候群になった場合の変化(症状)としては主に以下の
症状を伴うことが多いです。
そのまま放置すると完全な「うつ病」となる確率が高いので
早めの対策(場合によっては治療)が必要です。
※更年期障害との併発も注意が必要です。

 

・肩こり
・頭痛
・不眠
・食欲不振
・吐き気
・不安感
・うつ
・虚無感
・飲酒(キッチンドランカーなど)

 

 

 

 

空の巣症候群になってしまった場合の対策としては、まず
子供以外の生きがいや楽しみを見つけることが必要です。

 

 

ご主人が協力できることは、奥さんの必要性を再確認させて
あげることです。

 

 

本人は、子育てのみが役割であり目標でもあり生きがいだと
思い込んで生きてきましたから、それ以外夫の妻としての
役割や必要性を伝え続けることが大切です。

 

 

細かいことですが、褒めてあげたり(料理や家事など)
頼りにしていると相談を持ちかけたりして「必要にされている」
という実感を与えてあげましょう。

 

 

また、今まで体験したことのないイベントや趣味などをともに
経験したりすることで、夫婦の一体感を感じることも効果的です。

 

 

どうしても改善が見られないなどの場合は、メンタルクリニック
や心療内科で診察を受けるべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ