気分転換の散歩は症状のパニック症状回復に効果があるのか?

 

 

 

 

パニック障害は、気持ちが落ち込むことが多いので
精神的には、気分転換が効果的です。

 

 

公園や自然の中を散歩するというのは、
普通に考えても健康に悪いはずはありません。

 

 

でもパニック障害患者にとって散歩をすることは、
気分転換の効果だけではないんです。

続きを読む…

パニック障害が治りやすい人、治りにくい人

 

 

パニック障害がすぐに治る人と、いつまでたっても治らない人または
治りにくい人には  “ ある違い ”  があるそうです。

 

それは、物事に

 

「とらわれている」人と

「とらわれていない」人に分けられるらしいのです。

 

どういうことかと言うと・・・
続きを読む…

年代別傾向と男女比

 

パニック障害は日本では他の病気の患者とされている人
などもいてまだはっきりした患者数は分かっていませんが、
パニック障害自体は、世界的に見れば特に珍しいものではなく、
アメリカではパニック障害の患者は人口の3%程度いるだろう
と言われています。

 

 

女性の方がかかりやすく、男性の2 倍いるとされています。

 

 

多くは10 代の終わりから、大人になって始まります。

 

 

特に子供の時に大きな事故などに遭って心に傷をおっている
場合、成長してからパニック障害になる確率が高くなりますので、
その様な子供に対しては事故直後のケアがとても大切になります。

 

 

年代別に見てみると、
10代中ごろ~20代の比較的若い世代で発症しやすい病気で、
異性関係や友人関係に非常に敏感で感受性の豊かで、強い時期
起こりやすいといわれています。

 

 

以前は女性の方が多い傾向にあったのですが、最近は男性の
パニック症候群の増加傾向も見逃せません。

 

 

今やパニック症候群は誰でも、陥りやすいのです。

 

 

社会不安が多いこの世の中、若い世代だけともいいきれませんが
傾向として、経験がまだ浅い、対応能力や感受性の強い世代という
ことで10-20代を中心に、という意味で目安としていただければ
と思います。

 

 

きちんと治療をすれば病気そのものが治る、というよりも
症状が完全に出なくなる=完治することができる病気であることと、
そのための努力をすることが、もちろん大切です。

 

 

 

 

 

 

 

「パニック障害・パニック症候群」について

    

「パニック障害・パニック症候群」ですが、
誰もが一度くらいは聞いたことがある名前でしょう。

 

 

 

パニック障害は、パニック・ディスオーダー(panic disorder)
とも呼ばれ、panic disorder の頭文字をとってPDと略記されて
表現されることもよくあります。

 

 

 

 

以前、芸能人の間でも、パニック障害が話題になり
若い方の関心を引いた病気でもあります。

 

 

誰もが陥る可能性がある半面、正しい治療法を理解していれば、
必ず克服できる病気です。

 

 

日本人の実に、10人に1人はパニック障害(パニック症候群)
と言われており、現代病の一種と言えます。

 

 

 

パニック症候群にかかる人がここ近年で確実に増え続けており、
単なる 「精神病」 とは言い切れない、さまざまなメンタル的な
疾患を併発することが少なくありません。

 

 

不景気によるリストラ、倒産や先般の東日本大震災などの
影響もあり、一人ひとりが不安や無力感、絶望を抱えている
といわれます。

 

 

また、自殺者の数も年々加速度的に増えています。 

 

 

 

さて、ご自身がパニック症候群(障害)であったり、ご家族が
パニック障害であった場合、どうやって、対処、治療をすれば
いいのかわからないという場合があります。

 

 

また、職場や学校、知人、近所などにパニック症候群(障害)
だということを知られたくない
という理由で、通院や治療を
ためらってしまうと言う場合も少なくないようです。

 

 

パニック症候群(障害)の克服は、対応(治療)が早ければ
早いほど効果がでるのも早い
といいます。

 

 

診察を受けるのは勇気がいることですが、もしかしたら
パニック障害ではないかもしれません。

 

 

何ともないかもしれませんし、また違う疾患の可能性も
無いとは言えません。

 

 

どんな病気でもそうですが、「もう少し早くわかれば」
手の打ちようがあったとか、もっと早く治ったのに

いうことが多々あります。

 

 

さらに、 「パニック障害かもしれない」 と一人で思い悩み
恐怖を感じているのであれば、その苦しい思い自体が病気を
呼び込む
ことにもなりかねません。

 

 

ひとりで悶々とするよりも、まず診察を受けてみましょう。

 

 

パニック障害と診断されても、「はやくわかってよかった」
わけですから、あとは治療に専念して元の元気な自分に
戻るだけです。

 

 

命までとられる病気ではありませんので、最初の一歩だけ
勇気を持って診察を受けてみましょう。

 

 

尚、本人さんが一人で病院へ行きづらい場合については、
ご家族や身内の方が同伴されることで、安心して診察を
受けるという場合も多いそうです。

 

 

 

 

パニック症候群(障害)に苦しむご本人やご家族の方の
ご参考になれば幸いです。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ