「パニック障害とパニック症候群」の違いとは?

 

 

パニック障害パニック症候群は、何がどう違うのか?

 

 

一般的に、パニック障害=パニック症候群は同じものという認識を
されている方が多いようです。

 

 

最近は、特に「パニック障害」という病名が現代社会で認知され、
医師自体もあまりこだわりがないようです。

 

 

症候群という言葉を調べると
「ある病気の際、複数の症候を呈することがその特徴とされるとき、
  これらいくつかの症候の集まりを症候群とよび、病気の診断一助
  として重視される。」※yahoo百科事典より抜粋

 

 

パニック症候群は、様々な症状の集まりを指すので、パニック障害
はパニック症候群の中の1つの病名
と言えます。

 

 

当ブログでは、パニック障害についての情報を主に発信しますが、
パニック症候群の様々な症状や関連事項についても、できるだけ
取り上げたいと思います。

 

 

パニック障害の主症状としては、パニック発作があげられます。

 

 

自分はパニック障害ではないという方でも、思いがけない事態に
直面し、不安や恐怖を感じると、心臓がドキドキしたり、汗を
かいたり、息苦しくなるという一時的なパニック状態になる
ことはあるはずです。

 

 

例えば、交通事故に遭ったり、災害や事件にまきこまれるなどの
非日常の緊急事態には、パニックになることがあります。

 

 

ところがパニック発作というのは、上記のような思いがけない
事故や事態が起きたわけでもなく、それこそ何の原因もない
のに、パニック状態に陥る
のです。

 

 

ですから、まわりの人から見ると

 

「なぜ?どうしてそうなるの?原因は?」

 

 

と、まったく理解できない状況の中でのパニック発作に
どうしていいのかわからず、戸惑うことが多いのです。

 

 

パニック障害は、障害を持っていない人からみれば
「取り越し苦労」にしか思えないような、

 

「もし、○○が起きたらどうしよう」

 

「○○が起きるかもしれない」

 

 

という何の根拠もない不安や恐怖の感情が襲い掛かる病気なのです。

 

 

実際には、身の危険や恐怖などは迫っていないにもかかわらず
本人の心や身体は、「非常事態」ととらえて「身を守る」ための
反応をしてしまうわけです。

 

 

それが、パニック発作として表れるのです。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

管理人 :難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ