パニック発作と不安発作

 

パニック発作が起きるかどうかというのは、パニック障害か
どうかを判断する上での条件のひとつです。

 

 

 

パニック発作は、パニック障害の特徴的な症状で、
急性・突発性の不安の発作です。

 

 

 

「不安発作」とも言われる所以です。

 

 

 

突然の激しい動悸、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどの
身体症状を伴った強い不安に襲われるもので、多くの場合、
患者さんは心臓発作ではないか、死んでしまうのではないか
などと考え、救急車で病院へかけつけます。

 

 

 

しかし症状は病院に着いたころにはほとんどおさまっていて、
検査などでもとくに異常はみられません。

 

 

 

そのまま帰宅しますが、数日を置かずまた発作を繰り返す
という特徴があります。

 

 

 

パニック発作はパニック障害の患者に現れる症候の
ひとつです。(他にも症候があります)

 

 

 

つまりパニック障害は病名、パニック発作は病気の症候
という関係になります。

 

 

 

パニック発作はパニック障害以外の精神疾患でも起こり
ますので、パニック発作が起きたからといってその人が
パニック障害に罹っているとは限りません。

 

 

 

専門医がよく調べなければ、パニック障害かそれとも他の
病気なのかは分かりません。

 

 

 

パニック発作の症状をみると身体になんらかの異常が
あるように思えますが、実は身体にはまったく問題が
ないのがパニック障害の特徴です。

 

 

 

パニック障害は悪化してしまうとうつ病や不安障害などを
引き起こす可能性があります。

 

 

 

激しい発作が繰り返し起きるようになったらパニック障害を
疑ってください。

 

 

 

最初の病院ではもしかしたらパニック障害だと正しく
診断されないかもしれないので、セカンドオピニオンを
利用して他の医師の診断を受けてみることも選択肢として
考えておくことをオススメします。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 ⇒パニック障害 症状

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ