対人恐怖(対人恐怖症)とは?

 

パニック障害における対人恐怖(対人恐怖症)とは、
人と接することに恐怖を感じることです。

 

 

対人恐怖症の人というのは一般的に自意識が強過ぎて、
周りの人の存在を過度に意識します。

 

 

他人を過度に意識するあまり、「どう思われているか?」
という人から見てどう評価されているかということに
敏感になっています。

 

 

そういう意識が、対人関係において常にありますから
心が安らぐことはなく、結局苦痛以外の何物でもない
という状態です。

 

 

ですから、対人恐怖症の症状としては、
「人と接することに恐怖を覚える」「苦痛を感じる」
だけでは済まず、「動悸が激しくなったり」「めまい」
や「息苦しさ」、場合によっては「震えや寒気」「吐き気」
など、パニック発作のような症状が出ることもあります。

 

 

人見知りというのなら、少なからず誰にでもありますし
大勢の人の前で話したり、入社テストや就活での面接を
受けたりする場合、心臓がドキドキしたり喉が渇いたり
緊張して手足が震える様なことは誰もが経験することで、
それは何も問題はありません。

 

 

ところが、度を越してまったく人と会うことができなくなり、
不登校や出社拒否症などということになれば「対人恐怖」
と呼ばれる立派なパニック障害の症状と言えます。

 

 

対人恐怖は、日本人にとくに多いと言われます。

 

 

日本のような集団行動を重視する社会においては、
アメリカなどの個人主義の国に比べ、対人関係(人間関係)
が崩れることは、社会的な死を意味するため、大きな悩みや
恐怖になりやすいと言われます。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ