不安障害の原因【ストレス】

 

不安障害の原因としては「ストレス原因説」
以前から有力な説とされています。

 

 

 

最近は職場の人間関係や借金、家庭の問題などで様々な
ストレスを抱える人が増えています。

 

 

 

ストレスと不安障害の因果関係もまだはっきりと解明
されてるわけではありませんが、ただ不安障害のひとつである
「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」は、何か大きなショック
を受けた後に患者が急増することが分かっています。

 

 

 

例えば大きな自然災害や戦争などのショックです。

 

 

 

日本で心的外傷後ストレス障害(PTSD)という病名が
一般に知られる様になったのは阪神・淡路大震災の後、
被災者の中から多くのPTSD 患者が出たことが
きっかけでした。

 

 

 

いちばん近い例としては、東日本大震災があげられます。

 

 

 

アメリカなどでPTSD が知られる様になったのはもっと古く、
第一次世界大戦の頃から研究が始まり、ベトナム戦争での
兵士の患者急増で広く一般に知られる様になりました。

 

 

 

又、不安障害の患者には幼少時に大きなショックを受けた、
いわゆる「トラウマ」がある人が多いことも知られています。

 

 

 

ただ大災害や戦争、又は幼少時のトラウマなどではなく、
現代社会における様々な環境によるストレスが、
不安障害の原因になるということもあります。

 

 

 

もっともこれは人によって差があります。

 

 

 

例えば国民の金メダルへの期待を一身に背負った
オリンピック代表選手などは、多分普通のサラリーマン
などとは比較にならない猛烈なストレスを感じている
と思います。

 

 

 

でもオリンピックの代表選手が何等かの不安障害になった
という話は聞いたことがありません。

 

 

 

ただしオリンピックの代表選手については、専属の
メンタルケアトレーナーなどがいるはずですので、
一概には言えない部分もあるでしょう。

 

 

 

一般的に言えば、人それぞれに顔形が違う様にストレスにも
耐性の高い人と低い人がいますので、同じ環境に置かれても
不安障害になる人とならない人がいます。

 

 

 

従って、ストレス原因説も当ってはいますが、それが原因の
多くを占めているとは言い切れません。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安障害の発作を引き起こす原因

 

不安障害の発作(不安発作)を引き起こす原因については
いまだはっきりと解明されていませんが、実は興味深い
あるデータが存在します。

 

 

 

不安障害のある人の脳は、普通の人の場合は不安や恐怖と
感じない状況を、不安や恐怖と感じ取ります。

 

 

 

不安障害を持つ人の脳は、ある程度の不安要素があることは
確かなのですが、普通の人が、それを不安や恐怖と感じない
程度の曖昧な状況までをも、確実な不安や恐怖と認識して
過剰反応してしまいます。

 

 

 

マウス実験では脳の神経の一部をOFF にすることでこの
過剰反応を止めることが出来たそうですが、はたして
人間でも同じ効果があるのでしょうか?

 

 

 

不安障害の発作を引き起こす原因となるものは他にもあります。

 

 

 

そのひとつは遺伝的な影響です。

 

 

 

不安障害を持つ人の家系を調べると、同じ家系の中に不安障害や
うつ病、アルコール中毒などの患者がいる確率は、一般の家系
よりもはるかに高いという結果が出ています。

 

 

 

うつ病やアルコール中毒なども、心理的な不安や恐怖など
内面的なものがその根底にあって発症します。

 

 

 

もともと不安障害に罹りやすい体質を持つ人が、その周辺の
環境などによって、何かのきっかけで不安障害になったり
うつ病になったりアルコール中毒になったりしますが、
根っ子の部分は全部同じ遺伝子です。

 

 

 

もちろん不安障害と遺伝の関係はまだはっきりと
解明されたわけではありません。

 

 

 

従って、現状はまだ仮説の段階ですが、不安障害の患者が
いる家系には他にも同類の患者がいる確率が、他の家系よりも
高い、という検証データが存在する事実は否定出来ません。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安障害における不安発作について

 

不安障害ではまず発作(不安発作)が起きます。

 

 

 

心臓の動悸が急に早まったり汗が噴出して来たり、
体が急に震え出して止まらなくなるなどの症状です。

 

 

 

この発作は初めて発作が起きた場所に行くと再び起きる
ということがよくあります。

 

 

 

同じ場所に行くと当時のことを思い出してまず気分が
悪くなり、それが発作の引き金になって症状が現れます。

 

 

 

この様なことが幾度か続くと次第に恐怖のサイクルが
出来あがり、又いつ発作が起きるのかとますます
不安になります。

 

 

 

この不安障害の発作が起きる原因ですが、
全てはその人の心の中にあります。

 

 

 

発作が起きるのではないかと何時も恐れていると、
本当に起きるのです。

 

 

 

ただ発作を経験した人はこの事実を人に話したがりません。

 

 

 

話しても周りは耳を貸してくれないだろうと考え、
何とか自分の力で克服しようと考えています。

 

 

 

それに自分が精神的に弱点を持っているということを
人に知られることは、決して自分にとってプラスには
ならないという打算も働きます。

 

 

 

確かに普通の身体的な病気ならば、人間の体にある
自然治癒力で放っておいても何時の間にか治っている
ことはよくあります。

 

 

 

しかし不安障害のような心の病に対しても人間が
自然治癒力を持っているかと言えば、それはあるとも
無いとも言えません。

 

 

 

ただ不安障害や不安発作が自然に治ったという事例は
あまり聞きません。

 

 

 

むしろ専門医による治療をしないままに放置して、
ますます症状が悪化した事例の方が多く聞きます。

 

 

 

不安や恐怖は脳から来るものですが、脳にはその気持ちを
引き出しやすい領域が少なくとも2つあることが研究で
分かっています。

 

 

 

そしてこの領域に対する防衛のメカニズムが形成される
ことで、体や心がこれに反応します。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安障害の具体的症状について

 

不安障害における主な症状は、文字通り不安です。

 

 

 

不安というのは、漠然とした恐れの感情であり、
普通誰でも経験するものです。

 

 

 

不安障害は、はっきりした理由がないのに、
あるいは理由があっても、それと不釣り合いなくらいに
強く、または繰り返し起きたり、いつまでも続いたり
するようになるのが不安障害にあたる
病的な不安になります。

 

 

 

不安障害の具体的症状については、パニック障害の症状と
酷似していますが、パニック障害の症状は、パニック発作
予期不安 、広場恐怖が3大症状ということができます。

 

 

 

中でもパニック発作、それも予期しないパニック発作が
パニック障害の必須症状であり、予期不安、広場恐怖は
それに伴って二次的に生じた不安症状になります。

 

 

 

現代社会は非常に複雑で対人関係も難しく、不安、恐怖、
緊張などから来るストレスは日常的に私達の身に
降りかかります。

 

 

 

特に都会においてはその傾向が一段と強くなります。

 

 

 

その為不安障害などの心の病に罹る人も多く、
これ等の心の病は21世紀における社会問題にも
なっています。

 

 

 

最近日本においても自殺者が増えていることは、
マスコミ等の報道で皆さんもよくご存知だと思います。

 

 

 

自殺の原因は生活苦やその他様々な理由がありますが、
その中には不安障害が原因になっているものも
少なくないと言われています。

 

 

 

不安障害の男女の患者比は男性1 に対して女性2 の
割合で、男性よりも女性が圧倒的に多くなっています。

 

 

 

年齢的には女性の場合、20 歳前後の若い頃に
発病する方が多いそうです。

 

 

 

又、男性と女性が混在して働く普通のオフィスの様な
職場よりも、女性ばかりの職場で働く女性の方が、
不安障害になる人が多いとも言われています。

 

 

 

同性ばかりの職場の方が人間関係が難しいことも
原因の様です。

 

 

 

また、男性では最近中高年の男性に不安障害の患者が
増えています。

 

 

 

不安障害の発症が20 歳前後の若い患者が多いという
女性の場合と逆の現象もあるのです。

 

 

 

その理由は、この年代の男性は職場では責任の重い
管理職の立場にある人が多く、上と下のサンドイッチで
ストレスが溜まることが原因といわれています。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212
 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ