不安障害の具体的症状について

 

不安障害における主な症状は、文字通り不安です。

 

 

 

不安というのは、漠然とした恐れの感情であり、
普通誰でも経験するものです。

 

 

 

不安障害は、はっきりした理由がないのに、
あるいは理由があっても、それと不釣り合いなくらいに
強く、または繰り返し起きたり、いつまでも続いたり
するようになるのが不安障害にあたる
病的な不安になります。

 

 

 

不安障害の具体的症状については、パニック障害の症状と
酷似していますが、パニック障害の症状は、パニック発作
予期不安 、広場恐怖が3大症状ということができます。

 

 

 

中でもパニック発作、それも予期しないパニック発作が
パニック障害の必須症状であり、予期不安、広場恐怖は
それに伴って二次的に生じた不安症状になります。

 

 

 

現代社会は非常に複雑で対人関係も難しく、不安、恐怖、
緊張などから来るストレスは日常的に私達の身に
降りかかります。

 

 

 

特に都会においてはその傾向が一段と強くなります。

 

 

 

その為不安障害などの心の病に罹る人も多く、
これ等の心の病は21世紀における社会問題にも
なっています。

 

 

 

最近日本においても自殺者が増えていることは、
マスコミ等の報道で皆さんもよくご存知だと思います。

 

 

 

自殺の原因は生活苦やその他様々な理由がありますが、
その中には不安障害が原因になっているものも
少なくないと言われています。

 

 

 

不安障害の男女の患者比は男性1 に対して女性2 の
割合で、男性よりも女性が圧倒的に多くなっています。

 

 

 

年齢的には女性の場合、20 歳前後の若い頃に
発病する方が多いそうです。

 

 

 

又、男性と女性が混在して働く普通のオフィスの様な
職場よりも、女性ばかりの職場で働く女性の方が、
不安障害になる人が多いとも言われています。

 

 

 

同性ばかりの職場の方が人間関係が難しいことも
原因の様です。

 

 

 

また、男性では最近中高年の男性に不安障害の患者が
増えています。

 

 

 

不安障害の発症が20 歳前後の若い患者が多いという
女性の場合と逆の現象もあるのです。

 

 

 

その理由は、この年代の男性は職場では責任の重い
管理職の立場にある人が多く、上と下のサンドイッチで
ストレスが溜まることが原因といわれています。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ