パニック性不安うつ病について

 

 

 

パニック障害と併発して発病するうつ病に【二次的うつ】
という病気があるということは、別ページでも書かせて
いただきました。

 

 

 
⇒併発することが多い症状【二次的うつ】

 

 

 

 

二次的うつはパニック障害と一緒に出てくる症状ですが、
病気の進行に気づかないことが多いという特徴がありますが、
ちょっと「様子が変だな」と感じた時には、既に発病している
ことが少なくありません。

 

 

二次的うつは気付かないうちに少しずつ進行していくので、
パニック障害の患者さんはもちろん、家族や恋人、友人や知人
すらもわからないことが多いのです。

 

 

結果、放置していたのと同じことになりますので重症化して、
治療にとても時間がかかることになります。

 

 

 
二次的うつを併発してしまうと、パニック障害の症状があまり
目立たなくなる(パニック発作が減ったりする)ので、まるで
パニック障害が良くなったような錯覚を起こします。

 

 

ところが、実はパニック障害が良くなっているわけではなくて、
うつ症状がプラスされただけですので、治療もパニック障害と
二次的うつの両方を行う必要があります。

 

 

患者さんにとっては、時間的にも精神的にも大きな負担となり、
完治への道のりがいっそう長くなるのです。

 

 

パニック障害に併発することが多い二次的うつですが、
うつ病のタイプとしては、「パニック性不安うつ病」とも
呼ばれています。

 

 

パニック性不安うつ病は、気分の浮き沈みが激しい、夕方近くや
夜になると理由なく泣く、時に自傷行為、食欲亢進、寝ても寝ても眠い、
体が重りをつけたようにだるい、言葉に敏感に反応して切れたり、
強く落ち込む、いろいろな逸脱行動が出るという特徴があります。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

うつ病(二次的うつ)について

 

パニック障害に併発する病気の中でも、とても高い確率を
占めるのがうつ病です。

 

 

パニック障害に併発して発病する場合のうつ病は一般的に
「二次的うつ」と呼ばれます。

 

 

パニック障害とうつは、どう結びつくのか?

 

 

と思われるかもしれませんが、実はパニック症状を長期間
放置した場合に、最も併発すると確認されている病気です。

 

 

ただ、うつとかうつ病と一般的に言われるものとは違って
パニック障害患者に併発するうつ病は、

 

 

パニック性不安うつ病(非定型うつ病)とも呼ばれます。

 

 

パニック障害患者に併発するうつ病は、生涯のいつの時点かに
併発する率(生涯有病率)が50%を超えるといわれています。

 

 

この「二次的うつ」パニック性不安うつ病(非定型うつ病)の
特徴ですが、いわゆる普通のうつ病とは異なります。

 

 

「二次的うつ」の特徴は、本人はもちろん、家族や場合によっては
担当医師ですら気づかないうちに、少しづつジワジワと進行する
というところです。

 

 

ですから、「どうも様子がおかしい」と感じたときには、
もうすでに発病している場合が少なくありません。

 

 

それというのも「二次的うつ」は、気分の浮き沈みが激しくなる
というだけで、他には主だった症状がなく、逆にパニック発作の
回数は減ってくるという特徴のためです。

 

 

つまり、本人も周囲もパニック症状が改善していると思い込んで
勘違いしている間に、ジワジワとまたゆっくりと「二次的うつ」
が進行するため、発見が遅れるのです。

 

 

一般的なうつ病は「定型うつ病」と呼ばれますが「二次的うつ」
と見分けるうえでのポイントがあります。

 

 

【定型うつ病】
物事に対して、ほとんど関心を失った状態になり落ち込む
ことが常態化し、不眠、食欲不振、全身の倦怠感(だるい)
があり、主に朝方に気分がすぐれません。
他人に過剰に配慮する、罪悪感をもちやすくなるなどの
人間関係に影響を与えてしまうほどの病的な抑うつ状態が
特徴です。

 

 

対して

 

 

【二次的うつ】は、
見た感じは、日常生活に支障がないような抑うつ状態で、
気分のいい時は明るく、悪い時は落ち込みます。
過眠や過食が目立ち、夕方から夜にかけて気分が悪く
なる傾向があります。
また、手足がずっしりと重たく感じる鉛様麻痺という
症状が特徴です。

 

 

医学的にはパニック障害とは一緒にせずに、別な病気として
分けて考えられています。

 

 

 

⇒併発することが多い症状

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ