投薬治療(薬物療法)について

 

パニック障害では「パニック発作を解消させること」が投薬治療の
第一目標になりますが、それには薬物療法が有効で、SSRIBZD
主として用いられます。

 

 

【SSRI】とは?

 

正式名(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)の略で、
新型抗うつ薬とも呼ばれる「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」
で、抗うつ薬の一種になります。

 

 

うつ症状や病気としての不安の改善を目指す薬で、抗うつ薬という
名称がついていますが、パニック障害にも効果があることが
わかっています。

 

 

SSRIは、従来の抗うつ薬に比べ副作用も少ない為、パニック障害の
薬物治療がしやすくなり、服薬の回数も1日1回で済むものが
ほとんどになりました。

 

 

SSRIの長所としては、パニック発作を確実に抑制し、予期不安や
広場恐怖にも有効、副作用が少なく安全性が高く、長く続けていても
依存性を生じないということがあげられます。

 

 

一方、短所としては、旧来の三環系などと呼ばれる抗うつ薬に
比べると、即効性がなく(効果発現に2~4週間かかる)多くの
うつ病患者にとって作用の強い薬物とはいえません。

 

 

即ち、即効性という部分においては、旧来の三環系と呼ばれる薬の
効果が高い(即効性がある)ため、現在でも三環系の抗うつ薬が
認可されたまま使用されている所以でもあります。

 

 

ただし、三環系の抗うつ薬はSSRIに比べると、副作用が強く
SSRIの効果については、「帯に短し襷に長し」といえます。

 

 

また、SSRIは副作用が比較的少ないと言われており、三環系の
抗うつ薬で見られた抗コリン作用が原因と思われる副作用は減少
したかわりに、セロトニン症候群、賦活症候群、SSRI離脱症候群
など旧来の抗うつ剤ではあまり報告のなかった副作用が発生して
いるといわれています。

 

 

 

【BZD】とは?

 

正式名(benzodiazepine)の略で、ベンゾジアゼピン誘導体
と呼ばれる、中枢神経の信号の流れを抑制することによって、
不安や興奮などを抑制する働きを持つ物質を中心に構成された
抗不安薬です。

 

 

BZDは、不安や興奮を抑制することで眠気を誘うため、
不眠症治療の薬としても利用されています。

 

 

ベンゾジアゼピン受容作用を利用した薬をベンゾジアゼピン系
と総称し、主に睡眠薬抗不安薬に利用されています。

 

 

またベンゾジアゼピンが作用する部位によって中枢神経への
影響も微妙に異なっており、抑鬱状態の改善や痙攣発作の軽減
を行う物質もあるため、抗うつ薬抗てんかん薬として
使われる場合もあります。

 

 

BZDの長所は、不安、不眠、不安に伴う自律神経症状など、
不安症状全般に有効で、副作用も少なく安全性が高いこと、
(副作用として、常用量では眠気、ふらつきくらい)
また、SSRIに即効性がないのと逆で、BZDには即効性がある
とされています。

 

 

一方、BZDの短所は、一般に、短期間での使用は安全で有効
であるが、時に認知障害と攻撃性や行動脱抑制のような
奇異反応が生じることです。

 

 

BZDの投与を長期にわたって続けていると依存性を生じやすい
というデメリットもあります。

 

 

また、乱用の危険があり、急にやめるとリバウンドや離脱症状
(不眠、焦燥、知覚異常など)が出やすく、アルコールとの
併用は禁忌だそうです。

 

 

薬物療法として代表的なSSRIとBZDについての説明をさせて
いただきましたが、どちらも多かれ少なかれ、必ず副作用が
生じます。

 

 

薬物療法は、パニック症候群を完治させるものではなく、
パニック発作などの症状を抑えたり緩和させることが
目的です。

 

 

ですから、たとえどんなに良い薬であっても長期に服薬せず
「薬に依存しない、なくても生活できるようになる」
ということが最終目的になるべきでしょう。

 

 

だからといって、今投薬治療を受けているのを自己判断で
止めたりするのはとても危険です。

 

 

薬はどんなに良い薬であっても、正しい使い方をしなければ
意味がありませんので、まず何よりも治療を医者任せにする
のではなく、患者自身も「薬」の事を学ぶことが大切です。

 

 ⇒抗不安薬の副作用

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ