減感作療法について

 

減感作療法(げんかんさりょうほう)とは、アレルギー疾患
などを治療する場合によく使われている治療法です。

 

 

減感作療法は、その原因となる抗体をとりいれることで根本改善法
として使われているものですが、投与(注入)で行うもののほかに
日常における指導というのはあえて、その症状に似た状態をつくり

 

「その状態に慣れる」身体を作るということに重点を置きます。

 

 

パニック障害の治療に、どのように結びつくのか?
と思われるかもしれませんね。

 

 

例えば、

 

パニック発作が起きる場合に、

 

「いつもは、こういう時に発作が起きやすい」

 

「こうなった時に、必ず発作が起きる」

 

という状況があるかと思います。

 

 

というのであれば、

 

「発作が起きたとしても、こうすれば大丈夫」

 

とか

 

「発作が起きた場合にもあわてずに対処できる方法」

 

を具体的に指導することで、不安を軽減するのです。

 

 

減感作療法は、それが有効であることが科学的にも立証されており、
またその効果は、免疫に寛容を誘導することにより発揮されている
というメカニズムも解明されています。

 

 

 

減感作療法に似た方法としては、「森田療法」があります。

 

 

森田療法は、、ホメオパシー ( homeopathy )
「 同種療法、同毒療法、同病療法 」と訳される場合もあります。

 

 

「森田療法」というのは、一言で言えば「あるがまま」と言われる
治療法です。

 

 

どういうことかと言うと、人間が持つ不安や症状を意図的に排除する
はからいをやめ、自然にそのままにしておく態度を養うという方法
になります。

 

 

例えて言えば、不安になることや恐怖をいだくことまたは、
クヨクヨしたり、何かにおびえることがあるとします。

 

 

そのような苦悩に対して、不安を抱えながらも普段の生活の中で
必要な事(なすべきこと)から行動し、建設的に生きるという事を
教え、実践させるという治療方法です。

 

 

つまり

「あるがまま」という心を育てることによってパニック障害を
のりこえていくのが、森田療法の主眼です。

 

 

したがって、生き方の再教育とも呼ぶべきものでしょう。

 

 

森田療法の実際の治療としては、症状をあるがままに受け入れる
体験療法、終日ベッドに横たわる絶対臥褥(がじょく)個人および
集団精神療法、作業療法、日記指導など、多面的なアプローチが
あります。

 

 

森田療法は、外来通院の状況でも可能ではありますが、基本的には
入院によって行うことが多いようです。

 

 

それは、絶対臥褥という特有な刺激遮断の状況が設定されやすいこと、
また、治療的雰囲気をもつ治療集団への参加によって有利な刺激が
得られること、他者とのかかわりを通じて自己洞察を獲得しやすい
などの理由によります。

 

 

森田療法 ホメオパシー ( homeopathy )は、日本においては正式な
医療行為と認められておらず、代替医療の一つでしかありませんが、
イギリス、ドイツ、フランスにおいては健康保険の適用が
認められています。

 

 

ホメオパシーでは、「 少量の毒によって健康を増進する 」 という
考え方がとられ、アレルギー治療における減感作療法と類似したもの
と捉えられることもありますが、そもそも与えている物質が
アレルゲンのように症状の原因ではないという点で減感作療法と
は異なるとされている部分も多いものです。

 

 

それに加え、精神科では投薬治療を併用します。

 

 

⇒パニック症候群の治療法と改善法

 

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ