自律訓練法について

 

自律訓練法(Autogenic Training)

 

 

自律訓練法とは1932年、ドイツの大脳生理学者フォクトの
臨床的催眠研究に基づく方法で、その後ドイツの精神科医シュルツ
によって発展した方法で、自分自身でいつでも催眠状態に入り、
心身の疲労を癒す(リラックスする)方法として
広く普及しています。

 

 

日本で自律訓練法が初めて紹介されたのは、1950年代に入ってから
のこととなります。

 

 

実際にやった事はなくても、自律訓練法という名前ぐらいは
知っている、という方はかなり多いことでしょう。

 

 

この方法で得られる効果としては、自律神経を正常に回復させる
ことで、ストレスを緩和させ、不眠や動悸などを改善し、疲労回復
や仕事の効率があったり、抑鬱(よくうつ)や不安の軽減など、
心身症や神経症などの精神科、心療内科領域の病気にも効果がある
とされています。

 

 

また、自律神経が正常になることで体調を整えるという効果もあり
血流がよくなり、皮膚温が上がり、呼吸が落ち着き、胃腸の働きも
よくなって健康が回復します。

 

 

また別の言い方をすれば、自律訓練法は「体から心へ」働きかけて、
体と心の緊張を低下させる治療法だといえます。

 

 

たとえばカウンセリングは心の悩みや問題を話し合うことにより、
心の問題から引き起こされた身体症状を治療していく方法です。

 

 

これは「心から体へ」の働きかけによる治療法と言えます。

 

 

これに対し、自律訓練法は「体から心」へ働きかけて心身の緊張を
低下させていく治療法なのです。

 

 

自律訓練法を実践すると、
精神的にも肉体的にも変化が現れることが実証されていて、
現在も多くの医療機関で利用されている手法です。

 

 

自律訓練法を始めるには、まず自分の気持ちを落ち着かせて
リラックスさせる必要があります。

 

 

自分の気持ちだけでなく、体もリラックスさせる必要がありますから、
ベットに仰向けになって寝転んだり、背もたれのある椅子や、ソファ
などに腰掛けたりしてリラックスした姿勢をとります。

 

 

その後、自律訓練法では「体の状態」に関する以下の6 つの公式(言葉)
を唱えるのが特徴です。

 

第1公式-手足が重たい
第2公式-手足が暖かい
第3公式-心臓が静かに打っている
第4公式-呼吸が楽に出来る
第5公式-お腹が温かい
第6公式-額が涼しい

 

 

これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていく
ものです。

 

 

目的に応じて、一部の公式を省いたり、別の公式にするなどした変法も
少なくありません。

 

 

自律訓練法が成功すれば、それぞれの公式のような感覚を得られるはずです。

 

 

このときは、感覚的なものだけでなく手足の温度の上昇、心拍数の減少などの
身体的な変化が実際に起きているのが確認できるはずです。

 

 

自律訓練法を終了するときには、消去動作(終了動作などともいう)
を行なう必要があります(自律訓練法後に就寝する場合は必要ない)

 

 

これを怠ると不快感や脱力感などが起こることがあります。

 

 

消去動作は、手足の屈伸を数回行い、背伸びと深呼吸を行なってから
目を開けるようにします。

 

 

おおまかにですが、自律訓練法の準備や具体的やり方を書きましたが、
正しい方法で行わなかった場合には、かえって自律神経が乱れたり
強い不安感に襲われる事があります。

 

 

ですから、生半可な知識や自己流で行わず、正しい自律訓練法を
理解した上で行いましょう。

 

 

また自律訓練法を実際に行う場合には、自己練習が中心ですので、
治療意欲、継続する意思が必要となります。

 

 ⇒パニック症候群の治療法と改善法

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ