強迫性障害(OCD)

 

強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder:OCD)
は、精神疾患のひとつで従来、強迫神経症とも呼ばれていた
不安障害のひとつです。

 

 

強迫性障害(OCD)とは、自分の意思に反して現実とは
異なる不合理な考えやイメージ、不安感が頭に繰り返し
浮かんできて、それを振り払おうと同じ行動を繰り返して
しまう病気です。

 

 

例えて言えば、トイレに入った後何回も手を洗う、ドアの
カギをかけたかどうか、ガス栓をしめたかどうか何回も
確認するというものです。

 

 

本来手を洗う行為やカギをかけたりガス栓をしめた確認を
するのは、衛生面や安全面を考えればあたりまえのこと
なのですが、強迫性障害の場合は、それを何回も、何十回も
しなければ、気がすまなくなる状態になります。

 

 

強迫性障害(OCD)を簡単に言えば

 

「よくないとわかってはいても、けどやめられない症候群」

 

といえます。

 

 

自分でも不合理だと思いながら何回も繰り返すので、
本人にとっては大変つらい病気です。

 

 

この状態が続くようになると、何回も繰り返す行為自体に
心をコントロールされるようになってしまい社会的に支障を
きたすことになるので、何らかの治療が必要となります。

 

 

強迫性障害の症状を「強迫症状」と言いますが、強迫症状は
強迫観念と強迫行為からなり、両方が存在しない場合は
強迫性障害とは診断されません。

 

 

また強迫症状はストレスにより悪化する傾向にあることが
わかっています。

 

【強迫観念】は、
本人の意思や現実とは無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を
生じさせる観念を指します。
強迫観念の内容の多くは、普通の人にもよく見られるものですが、
普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し強迫性障害
の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くために強い
苦痛を感じます。

 

【強迫行為】は、
不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、
強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が
伴うためになかなか止めることができません。
まわりの人から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの
意味付けが生じている場合が多いのです。

 

 

強迫症状については、以下に示すような比較的よく見られる
特徴的な症状があります。

 

【不潔強迫】
いわゆる「潔癖症」です。手の汚れが気になり、手や体などを
必要以上に何度も洗わないと気がすまないなどの症状。

 

【確認行為】
外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたか等が気になり、
何度も戻ってきては執拗に確認する。確認強迫とも言います。

 

【加害恐怖】
自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる
という症状で、車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いて
しまったのではないかと不安に苛まれて確認に戻るなどの行為。

 

【自殺恐怖】
自分が自殺してしまうのではないかと異常に恐れる症状。

 

【疾病恐怖】
自分が重大な病や、いわゆる不治の病などにかかってしまうのでは
ないか、もしくは、かかってしまったのではないかと恐れる症状。
疾病恐怖症とも言う。

 

【縁起恐怖】
自分が宗教的、もしくは社会的に不道徳な行いをしてしまうのでは
ないか、もしくは、してしまったのではないかと恐れる症状。
縁起強迫ともいう。

 

【不完全恐怖】
物を秩序だって順序よく並べたり、対称性を保ったり、本人にとって
きちんとした位置に収めないと気がすまず、うまくいかないと不安を
感じる症状。
不完全強迫ともいう。

 

【保存強迫】
自分が大切な物を誤って捨ててしまうのではないかという恐れから、
不要品を家に貯めこんでしまうもの。(具体例:ゴミ屋敷など)

 

【数唱強迫】
不吉な数やこだわりの数があり、その数を避けたり、その回数を
くり返したりしてしまう症状。

 

【恐怖強迫】
ある恐怖またはことば、事件や事故のことを口にできない。
そのことを口にすると恐ろしいことが起こると思うため
口にできないという症状。

 

 

また、強迫症状に付随するものとして、以下の3つがあります。

 

 

【回避】
強迫観念や強迫行為は患者を疲弊させるため、患者は強迫症状を
引き起こすような状況を避けようとして、生活の幅を狭めること
があります。
これを回避と呼び、重症になると家に引きこもったり、ごく狭い
範囲でしか生活しなくなることがあります。
回避は強迫行為同様に患者の社会生活を阻害し、仕事や学業を
続けることを困難にしてしまいます。

 

【巻き込み】
強迫行為が自分自身の行為で収まらず、家族や親しい友人に懇願
したり強要したりする場合があります。
これを巻き込み、または巻き込み型といいます。
巻き込み、または巻き込み型によって、患者のみならず周囲も
強迫症状の対応に疲れきってしまうことがあげられます。

 

【感染・伝染】
強迫性障害は精神的病気であり、感染することは物理的にはない
    にもかかわらず、他の強迫性障害の患者から影響を受けて、本来
本人が持っていなかった別の症状が発症することがあります。
ただし、精神的な感染はあり得るといわれています。

 

 

強迫性障害の患者数は世界で約5,000 万人程度と思われていますが、
その症状は単独ではなく不安障害や不安発作、うつ病、摂食障害な
どと組み合わされていることもあります。

 

 

この病気の患者の特徴は、他の精神的病と違って、患者本人が病気を
自覚していることです。

 

 

本人もわかっているのですが、治せないのがこの病気といえます。

 

 

重症患者を除いて、社会生活に支障のないレベルの患者は、外では
他人に病気であることが気がつかれないように、儀式(強迫症状)も
人前では我慢して行わず、病気のことを隠し通します。

 

 

そして、他人に見られる心配のない家の中で症状を隠さず露わにし、
儀式行為を気が済むまで行うケースが多いとみられます。

 

 

治療には、行動療法や認知行動療法、抗うつ薬を用いた薬物療法が
有効であると言われています。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

社会不安障害(SAD)

 

社会不安障害(Social Anxiety Disorder:SAD)
社交不安障害とも呼ばれます。

 

 

社会不安障害(社交不安障害)は、人から注目を集めるような
場面において、ネガティブ(否定的)な評価を受けたり、他人に
辱められる事に対する強い不安や恐怖を感じるという病気です。

 

 

人から注目を集める場面というのは、社会不安障害でなくても
不安を感じたり緊張したりするのが普通です。

 

 

顔が紅潮したり、緊張して “あがる” という言わば “ シャイ ”と
言われるような人を「あがり症」と呼んだりします。

 

 

会社でのプレゼンや結婚式のスピーチなど、人前で発言したり
する場合、最初は恥ずかしいものですが、何度か経験することで
次第に慣れてくるものです。

 

 

ところが、社会不安障害(SAD)の場合は、強い不安を感じて
震え・吐き気などの身体症状が出たりすることで日常生活にまで
影響を及ぼすようになります。

 

 

例えば誰かに出会っても何かをしていても、その人が自分をどう
思っているのかが気になって仕方ありません。

 

 

また他人と食事をしている時でも、相手が自分の一挙手一投足を
見ているのではないかという不安を覚えます。

 

 

つまり相手が自分の食事のマナーなどを注視しているのではないか
と勝手に想像して、不安がつのって来るわけです。

 

 

そしてその不安のせいで汗をたくさんかいたり、顔が赤くなったり
震えが来たりして通常の会話が難しくなります。

 

 

社会的不安障害の患者は現在アメリカでは1,500 万人以上、
日本でも300 万人以上がこの社会不安障害に悩まされている
と推定されています。

 

 

この病気は特別な病気ではなく、現代社会では誰もが罹る可能性が
ある病気なのです。

 

 

この社会的不安障害(SAD)の症状は、思春期から20代前半の
若い世代に多く発症し、病気が進行するとやがてうつ病など更に
深刻な症状に進展することが少なくありません。

 

 

社会不安障害(SAD)の場合、恐怖や不安を乗り越えるのは
単なことではありません。

 

 

社会不安障害の患者は、それが現実には起きていないようなこと
に対しても勝手に想像を膨らませ、恐怖に襲われてしまうのです。

 

 

何かをしようとする際にも不安はつきまとい、たとえしなければ
ならない事であっても次第に避けるようになり、日常生活に
多大な影響を及ぼすようになります。

 

 

社交不安障害患者には、さまざまな症状が心だけでなく身体にも
現れるようになります。

 

 

具体的には、不安や緊張感、恐怖といった精神的症状をはじめ、
声が震える、声が出ない、手足の震え、めまい、動悸、口が渇く、
赤面する、汗が出る、吐き気がする、胃のむかつき等の症状が
出るようになります。

 

 

このような症状が頻繁に出るようになると、社交不安障害患者は
強い不安を避けるため、また人に知られたくないと考えるあまり、
周囲の人々との接触や、人前での活動を避けるようになり、
日常生活に支障を及ぼす事になります。

 

 

また、症状が慢性化すると、うつ病やパニック障害なども併発
する危険性があるので、早期の治療を要する疾患です。

 

 

生涯有病率としては3 – 13%と言われており決して稀な病気とは
言えないほどの生涯有病率です。

 

 

この病気は、5歳以下でも発症することがあり、世代を問わず
発症しますが、特に15歳頃の思春期に多く、不安障害の中で最も
発病年齢の低い病気と言われています。

 

 

しかし一方では、30 – 40代あたりの年齢に管理職となってから、
人前で話す機会や社交の機会が多くなり発症するといったケースも
めずらしくない状況です。

 

 

発症頻度に特筆すべき男女差はないが、若干男性の割合が多い
という統計があります。

 

 

なお、症状はパニック障害と似ていると言われますが、
パニック障害が「死」や「精神的におかしくなってしまうこと」
に対する強い不安であり、また発作的に症状が発現するのに対し、
社交不安障害では「人」や「社交場面」に対する強い不安である
ところなどが異なっています。

 

 

社会的不安障害は遺伝子が関連しているとする研究もありますが、
多くの人は後天的な要因でこの病気を発症します。

 

 

薬を飲むことで治る病気と言われていますが、自分の判断だけで
薬を飲むのは症状が悪化することもあるのでお勧め出来ません。

 

 

服薬する場合は、必ず専門医の診察を受けた上で薬を処方して
もらう様にしましょう。

 

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全般性不安障害(GAD)

 

全般性不安障害(Generalized Anxiety Disorder:GAD)は、
ごく最近知られてきた病気ですが、別名(不安神経症)とも
呼ばれる不安障害の一種です。

 

 

全般性不安障害(GAD)の特徴として、様々なことが不安で
しかたがないという状況が続きます。

 

 

日常生活においては、誰でも不安や心配になることがありますが、
それには理由や根拠があり、なんとか耐えることができます。

 

 

この「全般性不安障害」の不安はとりたてての理由もなしに、
何故不安なのかよく分からないという漠然とした不安や緊張感が、
こころに浮かびます。

 

 

そして、対象を変えながら途切れることなく、次々と現れます。

 

 

何でもない日常生活の中でも原因不明の不安を感じてしまいます。

 

 

また、絶えず、何か悪いことが起こるのでないか、失敗するので
ないかといったような心配事に心が占領されて、四六時中気持ちが
安らぐことがなくなります。

 

 

そしてこのとき特徴的なことは、心配事の内容が日常的な出来事で、
仕事の責任であったり、家の経済状態、家族や自分の健康などで、
周囲の人からみれば言わば“取り越し苦労”的なものが多いことです。

 

 

そして、患者本人も心配しなくてもよいということがわかっている
ということが多いのです。

 

 

しかし、いくら大丈夫、問題ないと自分にいいきかせても心配を
コントロールすることができないというスパイラルに陥ります。

 

 

いわば、“取り越し苦労”が1つ生まれると、その心配は次の心配を
呼び寄せます。

 

 

間断なく数珠つなぎになって心配事が現れる負のスパイラル状態と
考えていただくとわかりやすいかと思います。

 

 

例えば、ちょっと頭痛がすると

 

 

「これはひょっとしたら脳腫瘍ではないだろうか?」

 

「脳梗塞や脳卒中になるのではないか?」

 

と考えたり

 

家族や子供の帰宅が遅いときなど、

 

 

「誘拐されたのではないか?」

 

「どこかで事件や事故に巻き込まれたのではないか?」

 

 

というように、際限なく根拠のない不安が押し寄せて、自分では
コントロールできない精神状態が続きます。

 

 

他の人からみれば、単なる取り越し苦労にしか思えない事とはいえ、
本人にしてみれば常時、心配事をかかえていることになりますので、
この状況は大変なストレスになります。

 

 

周りの人の姿や音に過敏になるのでなかなかリラックス出来ず、
ひとつのことにも集中出来なくなります。

 

 

眠ろうと思ってベッドに入っても、あれこれと考えすぎることで、
なかなか眠れなくなり、その結果 翌朝起きられないということ
も多くなります。

 

 

この様な症状が少なくとも半年続く場合は、全般性不安障害(GAD)
が疑われます。

 

 

このような全般性不安障害(GAD)が長期間続くと疲れやすく、
物事に集申できなくなります。

 

 

こころだけでなく、身体的にも筋肉が緊張して肩や首がこったり、
筋緊張性頭痛、筋肉のけいれんを生じます。

 

 

そのうえ寝つきが悪く、眠りが浅い睡眠障害を引き起こします。

 

 

全般性不安障害の生涯有病率は約3~5%と非常に多い病気で、
特に女性に多く(およそ2 倍)その大半は20 代~30 代位の
比較的若い世代でみられます。

 

 

しかしこの病気のために精神科を受診することは少なく、
心配し続けた結果生じる身体の変調や異常の治療を求めて、
精神科以外の科を受診するケースが大部分です。

 

 

全般性不安障害の患者数はパニック障害の患者数より3~4倍多い
とされ、1000人に64人くらいが経験すると報告されており、
現代では、決してめずらしい病気ではありません。

 

 

また全般性不安障害はうつ病につながる場合も少なくありません。

 

 

ただ症状はそれほど深刻では無いケースが多いので、適切に対処
されれば克服することが可能な疾患です。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

急性ストレス障害(ASD)

 

急性ストレス障害(Acute Stress Disorder、ASD)とは、
心的外傷後ストレス障害(PTSD)と似たような症状を
起こします。

 

 

しかし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは別の
病気として分類されています。

 

 

急性ストレス障害(ASD)は、主に生死にかかわるような
要因(大事故に遭った場合など)で、その直後に発症する
という特徴があります。

 

 

急性ストレス障害(ASD)による症状としては、普通は
数時間~数日間、長くても1か月(4週間)以内に自然治癒
する一過性の場合が多く見られます。

 

 

神経症としての症状が、それ以上続く場合には急性ストレス障害
(ASD)ではなく、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の
可能性を考慮する必要があります。

 

 

急性ストレス障害(ASD)症状の特徴としては、大事故などの
直後なのにもかかわらず

 

 

「ボォーっとした状態でうつろな感じ」

 


「目は開いているのに、意識がない感じ」

 

 

という、今起こっていることを理解できていないという状態が
みられます。

 

 

喜怒哀楽といった感情も麻痺した状態と言えますので、
表情も乏しく、まわりの出来事に対してや問いかけに対しても
無表情に映ります。

 

 

また無意識ですが、今起こった事故や災害などの恐怖体験を
忘れよう(思い出すことを拒否する作用)とするあまり、
恐怖体験の核心については、記憶を喪失することがあります。

 

 

実を言うと、急性ストレス障害は精神疾患としては比較的新しい
病気で、日本においては、先の横綱 朝青龍が相撲協会から謹慎処分
を受けていた時にマスコミの激しい報道合戦で精神に異常を来たし、
医師から「急性ストレス障害」と診断されたことで一躍この病名が
有名になりました。

 

 

尚、急性ストレス障害の治療では薬物の投与も行われますが、
それ以上にトラウマになった事件や出来事の体験をカウンセラー
に聞いてもらうことが、比較的有効だとも言われています。

 

 

ただ、ここで忘れてはならないのが、急性ストレス障害で子供が
患者という場合です。

 

 

急性ストレス障害(ASD)は、とかく大人を中心に語られる
傾向が強いのですが、実は子供は大人よりも急性ストレス障害や
心的外傷後ストレス障害に罹りやすいのです。

 

 

例えば、交通事故などの思いがけない事故に遭ってケガをした場合、
事故に遭った子供の約80%が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)
や急性ストレス障害(ASD)になると言われています。

 

 

つまり、子供の場合突発的な事故などに遭えば、そのほとんどは
ケガなどの身体的な治療だけでなく、心のケアも必要としている
ことになります。

 

 

事故や災害はもちろんですが、文明が進んだ反面、事件や犯罪など
至る所に危険の芽が潜み、大人だけならまだしも子供までもが様々な
ストレスを受けることが多い現代社会においては、急性ストレス障害
の様な心の病に冒される方が多くなっています。

 

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212
 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ