心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

心的外傷後ストレス障害は、心的外傷後ストレス症候群
ともPTSD(Posttraumatic stress disorder)と呼ばれる
こともあります。

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)というのは、
生死にかかわるような出来事や、過去における悲惨な体験や
身体に加えられた危害や恐怖、または心に加えられた衝撃的な
傷が元となり様々なストレス障害を引き起こす疾患のことです。

 

 

具体的には、地震、洪水、津波、火事、のような災害体験や
戦争、事故などの人災やテロ、監禁、体罰、強姦、虐待などの
犯罪体験などが原因となることが多いと言われています。

 

 

心の傷は、心的外傷とかトラウマと呼ばれますが、ストレスを
受けるという意味では災害や人災、犯罪などの体験と同じですが、
症状が複雑で人格障害や記憶喪失、多重人格などと重なって現れる
こともあり非常に複雑ですので、一般的に心的外傷後ストレス障害
(PTSD)という場合は、災害体験や人災体験、犯罪など単一の強い
ストレスを受けた後に発症するタイプのものを言います。

 

 

例えば、先の阪神・淡路大震災であったり、つい最近の出来事では
東日本大震災を体験された方が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)
で苦しんでいるといわれています。

 

 

またベトナム戦争やイラン・イラク戦争(湾岸戦争とも呼ぶ)
などの戦争体験をした兵士などの多くにも心的外傷後ストレス障害に
苦しむ方が少なくありません。

 

 

その他にも古くは地下鉄サリン事件や、比較的新しいところでは
JR西日本の福知山線脱線事故の被害者にも心的外傷後ストレス障害で
今でも苦しんでいる人がいます。

 

 

その他にも例えばレイプや誘拐、虐待、車や飛行機の事故をはじめ
災害や戦争、事故、犯罪など単一の強いストレスを受けた後に発症
するのが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の特徴です。

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断される場合の症状として

 

 

・精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
・トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
・ 事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験
(フラッシュバック)

 

 

の3つが代表的なものとなります。

 

 

心的外傷後ストレス障害はその原因となる出来事が起きて
数ヶ月してから始まり、その後何年も続くこともあります。

 

 

医師は症状が少なくとも1ヶ月以上続くようであれば、
心的外傷後ストレス障害と診断します。

 

 

心的外傷後ストレス障害は肉体的なものばかりでなく、
言葉による暴力が原因になることもあります。

 

 

心的外傷後ストレス障害は子供の頃に始まり、大人になっても
なお続いている人もいます。

 

 

男性よりも女性の方が罹りやすく、薬物乱用やうつ病、
不安障害や不安発作と組み合わされている場合もあります。

 

 

自分の心的外傷後ストレス障害(PTSD)症状は、具体的に
どのような障害があるのかを把握し、医師と相談の上早期治療に
あたることが必要です。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ