ストレス・シンドロームについて

 

 

現代人は、あらゆるストレスを抱えていると言われます。

 

 

パニック障害もストレスが原因のひとつと考えられています。

 

 

ストレスの内容は、年齢や職業、性別によって様々ですが、
最近中高年の男性がパニック障害やパニック症候群になる比率が
増えているそうです。

 

 

ストレス過多は、パニック症候群だけでなく、うつ病も併発する
事が多く、中高年の自殺者が増加の一途という現実からも深刻な
問題です。

 

 

パニック症候群は、統計上は女性のほうが多く男性の2~3倍と
言われています。

 

 

年齢的には20~30代に最も多いとされていますので、最近の
中高年男性の増加は、逆の現象といえます。

 

 

中高年男性の増加については、昨今の経済不況から、倒産破産
をはじめとする経済的なしわ寄せや、管理職が多い年代特有の
ストレスが原因と考えられます。

 

 

とはいうものの、いまだ女性に多いパニック障害の原因の一つ
であるストレスには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

実は、現代社会が急速に変化することで、ストレスが原因となり
今まではあまり見られなかった症状があります。

 

 

「ストレス・シンドローム」と呼ばれ、ストレスが原因で心や
身体に不調をきたすものです。

 

 

「ストレス症候群」とも呼ばれています。

 

 

ストレス・シンドロームには、代表的なものに以下のような
ものがあります。

 

 

・サンドウィッチ症候群
・空の巣症候群
・主婦神経症
・主人在宅ストレス症候群
・スーパーウーマン・シンドローム
・心的外傷後ストレス症候群
・燃え尽き症候群
・テクノストレス症候群
・地震ストレス症候群
・出社拒否症
・帰宅拒否症

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ