不安な気持ちや憂鬱な感情から抜け出すには?

 

 

 

パニック障害の患者さんが、闘病中に考えることとして

 

・一生、この症状におびえて暮らすんだろうか、、
・もし、私が先に死んだら、残された家族はどうなるんだろう

 

 

という不安な気持ちがあるかと思います。

 

 

電車に乗っても、病院にいても、それこそ、友人といても
いつでも、どこでも、24時間、いつも不安を感じるのが
パニック障害の特徴でもあります。

 

 

でも、、、
不安、というものは、ストレスになるし、体も疲れさせるし、
何もいいことがないのです。

 

 

むしろ不安を抱えていると、いいことがないというよりも
それがストレスとなってどんどん症状が悪くなります。

 

 

パニック障害自体を完治するという目標を持つことは
とても大切ですが、毎日の自分の気持ちや感情の変化に
どうすることもできない!

 

 

というのが本音ではないでしょうか?

 

 

そんな毎日の不安や憂鬱な感情をを、少しでも和らげる
ことができたら、前向きになれるかもしれません。

 

 

では、
不安な気持ちや憂鬱な感情から抜け出すには、
どうしたらいいのでしょうか?

 

 

パニック障害の患者さんの多くは、不安や憂鬱な感情を
和らげるために、抗不安薬が処方されています。

 

 

この不安に対して、どう対応していくか、というのは、
特にパニック症状をお持ちの方には、克服していく上で
絶対に欠かせないテーマです。

 

 

不安を上手にコントロールできたとき、
気持ちがとっても楽になって、症状も軽減されていきます。

 

 

この不安への対処法はたくさんあるのですが、
今日はその中から、一番シンプルなものを一つご紹介します。

 

 

とっても、シンプルな言葉ですが、強力な言葉です。

 

 

それは、、

 

 

今、【できることをする】ことです。

 

 

ストレスでも、不安でも、そこに注意を向ければ向けるほど、
大きくなっていきます。

 

 

今日は落ち込んでいるな、って思って

 

 

落ち込まないように、落ち込まないようにって、
思えば思うほど気になって落ちこんでしまいます。

 

 

考えれば考えるほど、どんどん、どんどん不安になっていく、、

 

 

でも、それがわかっていても、不安になってはダメです、
って言われたってそんなの難しいですよね?

 

 

不安になるなって言われてできるなら、
もうやっています。

 

 

そこで、

 

 

不安なときには、それを消そうと思って躍起になるのではなく、
全く別のことに焦点を向けると良いです。

 

 

以前、パニック障害が治りやすい人の
特徴として、

 

「とらわれない」

 

という話をさせていただきました。

 

⇒パニック障害が治りやすい人、治りにくい人

 

 

 

症状やマイナスの感情、これらにとらわれず
別のことをすることが、克服への第一歩なんだ、
というお話をしました。

 

 

心理学的に言うと、不安というものは未来を考えた時に、
起こるものなのです。

 

 

不安のメカニズムについて話すと
ものすごく長くなるので結論だけお話していますが、

 

・発作が出たらどうしよう。

・この先どうなるんだろう、

・明日の体調はどうかな、、

 

って、未来を考えた時に不安になるんですね。

 

 

だから、未来のことを考えず、

 

「今自分にできることを考えます」

 

未来のことをいくら、心配したって、不安に思ったって、
未来を変えるのは、あなたの「今の行動」しかありません。

 

 

心配しているだけでは未来は変わりません。

 

 

今、あなたが何か行動を起こして、はじめて未来が変わるのです。

 

 

どんなに小さいことでも、あなたの今できることをするから
未来が変わるんです。

 

 

行動をするから、自律神経失調症・パニック症状を
克服できるんです。

 

 

でも人によって、できることは様々だと思います。

 

 

買い物に出かけられる方もいらっしゃれば、
外に出ることができない、

 

という方もいらっしゃると思います。

 

 

人と比べてできた、できなかったじゃありません。

 

 

今、あなたのできること、でいいんです。

 

 

あなたのできることが窓を開けることだったら
それでいいんです。

 

 

まずは、あなたができる範囲で、できることをしていけば
いいんです。

 

 

自律神経失調症やパニック障害への対処法はたくさんあります。

 

 

しかも、最近は効果的な手法が出てきています。

 

 

身体からアプローチしていくという今までになかった
⇒【自律神経からアプローチするパニック障害克服方法】
もその一つです。

 

 

 

 

最近では、薬に頼らなくても、十分に克服できる病気に
なってきています。

 

 

絶対にあきらめないでくださいね。

 

 

辛くてどうしようもない時には、どうか今日の言葉

「自分が今できることに注目する」

は、忘れないでください。

 

 

あなたが、今できることはなんでしょう?

考えてみてください。

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ