パニック症候群・パニック障害 克服プログラム

パニック症候群克服のブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます。
日本国内で増加しているパニック症候群・パニック障害の克服を
目指す方への 情報を公開しています。


⇒【現役の精神科医師が監修するパニック障害克服方法】
⇒【自律神経からアプローチするパニック障害克服方法】

全般性不安障害(GAD)

 

全般性不安障害(Generalized Anxiety Disorder:GAD)は、
ごく最近知られてきた病気ですが、別名(不安神経症)とも
呼ばれる不安障害の一種です。

 

 

全般性不安障害(GAD)の特徴として、様々なことが不安で
しかたがないという状況が続きます。

 

 

日常生活においては、誰でも不安や心配になることがありますが、
それには理由や根拠があり、なんとか耐えることができます。

 

 

この「全般性不安障害」の不安はとりたてての理由もなしに、
何故不安なのかよく分からないという漠然とした不安や緊張感が、
こころに浮かびます。

 

 

そして、対象を変えながら途切れることなく、次々と現れます。

 

 

何でもない日常生活の中でも原因不明の不安を感じてしまいます。

 

 

また、絶えず、何か悪いことが起こるのでないか、失敗するので
ないかといったような心配事に心が占領されて、四六時中気持ちが
安らぐことがなくなります。

 

 

そしてこのとき特徴的なことは、心配事の内容が日常的な出来事で、
仕事の責任であったり、家の経済状態、家族や自分の健康などで、
周囲の人からみれば言わば“取り越し苦労”的なものが多いことです。

 

 

そして、患者本人も心配しなくてもよいということがわかっている
ということが多いのです。

 

 

しかし、いくら大丈夫、問題ないと自分にいいきかせても心配を
コントロールすることができないというスパイラルに陥ります。

 

 

いわば、“取り越し苦労”が1つ生まれると、その心配は次の心配を
呼び寄せます。

 

 

間断なく数珠つなぎになって心配事が現れる負のスパイラル状態と
考えていただくとわかりやすいかと思います。

 

 

例えば、ちょっと頭痛がすると

 

 

「これはひょっとしたら脳腫瘍ではないだろうか?」

 

「脳梗塞や脳卒中になるのではないか?」

 

と考えたり

 

家族や子供の帰宅が遅いときなど、

 

 

「誘拐されたのではないか?」

 

「どこかで事件や事故に巻き込まれたのではないか?」

 

 

というように、際限なく根拠のない不安が押し寄せて、自分では
コントロールできない精神状態が続きます。

 

 

他の人からみれば、単なる取り越し苦労にしか思えない事とはいえ、
本人にしてみれば常時、心配事をかかえていることになりますので、
この状況は大変なストレスになります。

 

 

周りの人の姿や音に過敏になるのでなかなかリラックス出来ず、
ひとつのことにも集中出来なくなります。

 

 

眠ろうと思ってベッドに入っても、あれこれと考えすぎることで、
なかなか眠れなくなり、その結果 翌朝起きられないということ
も多くなります。

 

 

この様な症状が少なくとも半年続く場合は、全般性不安障害(GAD)
が疑われます。

 

 

このような全般性不安障害(GAD)が長期間続くと疲れやすく、
物事に集申できなくなります。

 

 

こころだけでなく、身体的にも筋肉が緊張して肩や首がこったり、
筋緊張性頭痛、筋肉のけいれんを生じます。

 

 

そのうえ寝つきが悪く、眠りが浅い睡眠障害を引き起こします。

 

 

全般性不安障害の生涯有病率は約3~5%と非常に多い病気で、
特に女性に多く(およそ2 倍)その大半は20 代~30 代位の
比較的若い世代でみられます。

 

 

しかしこの病気のために精神科を受診することは少なく、
心配し続けた結果生じる身体の変調や異常の治療を求めて、
精神科以外の科を受診するケースが大部分です。

 

 

全般性不安障害の患者数はパニック障害の患者数より3~4倍多い
とされ、1000人に64人くらいが経験すると報告されており、
現代では、決してめずらしい病気ではありません。

 

 

また全般性不安障害はうつ病につながる場合も少なくありません。

 

 

ただ症状はそれほど深刻では無いケースが多いので、適切に対処
されれば克服することが可能な疾患です。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

急性ストレス障害(ASD)

 

急性ストレス障害(Acute Stress Disorder、ASD)とは、
心的外傷後ストレス障害(PTSD)と似たような症状を
起こします。

 

 

しかし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは別の
病気として分類されています。

 

 

急性ストレス障害(ASD)は、主に生死にかかわるような
要因(大事故に遭った場合など)で、その直後に発症する
という特徴があります。

 

 

急性ストレス障害(ASD)による症状としては、普通は
数時間~数日間、長くても1か月(4週間)以内に自然治癒
する一過性の場合が多く見られます。

 

 

神経症としての症状が、それ以上続く場合には急性ストレス障害
(ASD)ではなく、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の
可能性を考慮する必要があります。

 

 

急性ストレス障害(ASD)症状の特徴としては、大事故などの
直後なのにもかかわらず

 

 

「ボォーっとした状態でうつろな感じ」

 


「目は開いているのに、意識がない感じ」

 

 

という、今起こっていることを理解できていないという状態が
みられます。

 

 

喜怒哀楽といった感情も麻痺した状態と言えますので、
表情も乏しく、まわりの出来事に対してや問いかけに対しても
無表情に映ります。

 

 

また無意識ですが、今起こった事故や災害などの恐怖体験を
忘れよう(思い出すことを拒否する作用)とするあまり、
恐怖体験の核心については、記憶を喪失することがあります。

 

 

実を言うと、急性ストレス障害は精神疾患としては比較的新しい
病気で、日本においては、先の横綱 朝青龍が相撲協会から謹慎処分
を受けていた時にマスコミの激しい報道合戦で精神に異常を来たし、
医師から「急性ストレス障害」と診断されたことで一躍この病名が
有名になりました。

 

 

尚、急性ストレス障害の治療では薬物の投与も行われますが、
それ以上にトラウマになった事件や出来事の体験をカウンセラー
に聞いてもらうことが、比較的有効だとも言われています。

 

 

ただ、ここで忘れてはならないのが、急性ストレス障害で子供が
患者という場合です。

 

 

急性ストレス障害(ASD)は、とかく大人を中心に語られる
傾向が強いのですが、実は子供は大人よりも急性ストレス障害や
心的外傷後ストレス障害に罹りやすいのです。

 

 

例えば、交通事故などの思いがけない事故に遭ってケガをした場合、
事故に遭った子供の約80%が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)
や急性ストレス障害(ASD)になると言われています。

 

 

つまり、子供の場合突発的な事故などに遭えば、そのほとんどは
ケガなどの身体的な治療だけでなく、心のケアも必要としている
ことになります。

 

 

事故や災害はもちろんですが、文明が進んだ反面、事件や犯罪など
至る所に危険の芽が潜み、大人だけならまだしも子供までもが様々な
ストレスを受けることが多い現代社会においては、急性ストレス障害
の様な心の病に冒される方が多くなっています。

 

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

心的外傷後ストレス障害は、心的外傷後ストレス症候群
ともPTSD(Posttraumatic stress disorder)と呼ばれる
こともあります。

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)というのは、
生死にかかわるような出来事や、過去における悲惨な体験や
身体に加えられた危害や恐怖、または心に加えられた衝撃的な
傷が元となり様々なストレス障害を引き起こす疾患のことです。

 

 

具体的には、地震、洪水、津波、火事、のような災害体験や
戦争、事故などの人災やテロ、監禁、体罰、強姦、虐待などの
犯罪体験などが原因となることが多いと言われています。

 

 

心の傷は、心的外傷とかトラウマと呼ばれますが、ストレスを
受けるという意味では災害や人災、犯罪などの体験と同じですが、
症状が複雑で人格障害や記憶喪失、多重人格などと重なって現れる
こともあり非常に複雑ですので、一般的に心的外傷後ストレス障害
(PTSD)という場合は、災害体験や人災体験、犯罪など単一の強い
ストレスを受けた後に発症するタイプのものを言います。

 

 

例えば、先の阪神・淡路大震災であったり、つい最近の出来事では
東日本大震災を体験された方が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)
で苦しんでいるといわれています。

 

 

またベトナム戦争やイラン・イラク戦争(湾岸戦争とも呼ぶ)
などの戦争体験をした兵士などの多くにも心的外傷後ストレス障害に
苦しむ方が少なくありません。

 

 

その他にも古くは地下鉄サリン事件や、比較的新しいところでは
JR西日本の福知山線脱線事故の被害者にも心的外傷後ストレス障害で
今でも苦しんでいる人がいます。

 

 

その他にも例えばレイプや誘拐、虐待、車や飛行機の事故をはじめ
災害や戦争、事故、犯罪など単一の強いストレスを受けた後に発症
するのが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の特徴です。

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断される場合の症状として

 

 

・精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
・トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
・ 事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験
(フラッシュバック)

 

 

の3つが代表的なものとなります。

 

 

心的外傷後ストレス障害はその原因となる出来事が起きて
数ヶ月してから始まり、その後何年も続くこともあります。

 

 

医師は症状が少なくとも1ヶ月以上続くようであれば、
心的外傷後ストレス障害と診断します。

 

 

心的外傷後ストレス障害は肉体的なものばかりでなく、
言葉による暴力が原因になることもあります。

 

 

心的外傷後ストレス障害は子供の頃に始まり、大人になっても
なお続いている人もいます。

 

 

男性よりも女性の方が罹りやすく、薬物乱用やうつ病、
不安障害や不安発作と組み合わされている場合もあります。

 

 

自分の心的外傷後ストレス障害(PTSD)症状は、具体的に
どのような障害があるのかを把握し、医師と相談の上早期治療に
あたることが必要です。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害と関連性のある精神疾患

 

パニック障害パニック症候群関連性がある、もしくは
関連の疑いがある とされている障害や疾患、症状についてです。

 

 

パニック障害が精神疾患の分類上どのように分類されているのか
ということは、他のページでもお話したかと思いますが、以下の
図をご覧ください。

 

※厚生労働省HPより引用

 

 

 

ご覧いただいたように、不安障害の下位分類とされるパニック障害
の同列には、様々な疾患があります。

 

 

これらの疾患とパニック障害は、類似する病気として捉えることが
できます。

 

 

ただ、パニック障害が先なのか、類似する病気が先なのかという
言わば、卵が先か鶏が先かというようなことではなく、複雑に
絡み合っていると言ったほうがいいでしょう。

 

 

このなかでも外傷後ストレス障害などは、いろんな記事やニュース
などで見聞きされる病名ではないでしょうか?

 

 

心的外傷後ストレス障害とか心的外傷後ストレス症候群または
PTSDと表現される疾患で、過去における忘れがたいような悲惨な
体験や身体に加えられた危害や恐怖、またはそれを思い出させる
ものに苛まれ苦しめられる病気です。

 

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)だけではなく、パニック障害
と関連性のある障害にはそのほかにも様々なものがあります。

 

 

そしてその症状によっては、それぞれを1つの障害(病気)
として捉える必要がある場合があります。

 

 

また、治療についても、障害ごとに変わる場合も多く
パニック障害の基本的治療とは異なる場合もでてきます。

 

 

自分のパニック障害または関連性のある症状は、具体的に
どのような障害があるのかを把握し、医師と相談の上治療に
あたることが必要になります。

 

 

以下、パニック障害と関連性のある精神疾患と思われる
障害になりますが、個々の障害についてはそれぞれの詳細
ページをご覧ください。

 

 

 

⇒心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

⇒急性ストレス障害(ASD)

 

⇒全般性不安障害(GAD)

 

⇒社会不安障害(SAD)

 

⇒強迫性障害(OCD)

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ