パニック症候群・パニック障害 克服プログラム

パニック症候群克服のブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます。
日本国内で増加しているパニック症候群・パニック障害の克服を
目指す方への 情報を公開しています。


⇒【現役の精神科医師が監修するパニック障害克服方法】
⇒【自律神経からアプローチするパニック障害克服方法】

夏のレジャーや旅行時のパニック障害

 

 

 

夏といえば、海外旅行や家族とのレジャーが
楽しみのひとつですね。

 

 

ところが、パニック障害の場合はどこかでパニック発作を
起こさないだろうか?

 

 

という不安から、旅行に行ってもぜんぜん楽しめない
どころか、ホテルから一歩も出られないということが、
実際にあるようです。

 

 

これでは、せっかく旅行に行っても苦痛なだけですし、
いっしょに行った人もかわいそうですね。

 

 

パニック障害の場合は、旅行もできないのか?

 

 

と思われるかもしれませんが、すべての人がそうとも
言い切れないようです。

 

 

広場恐怖で、飛行機などの密室が無理と言う場合は
海外旅行は難しいかもしれません。

 

 

ただ、比較的症状の軽い場合や安定している場合は、
ちょっとしたことを気を付けたりすることで、
旅行に行けたという話もよく聞きます。

 

 

海外旅行の場合は、中でも特に遠方で時差がある場合
どうしても精神的にストレスがたまります。

 

 

ですから、出発前の睡眠をしっかりととってなるべく
リラックスできる状態を作ることです。

 

 

また、海外では水の違いが大きいと言われます。

 

 

少なくとも「ミネラルウォーター」を飲むように
したいものです。

 

 

海外旅行の場合は、その行先によっても違うでしょう。

 

 

広場恐怖や対人恐怖の人が、人混みへ行きたいと思うことは
ありえませんが、行先や日程にゆったりとできる環境が
あることは必須です。

 

 

アロマテラピーやアロマエステをゆったりと受けることが
できる「タイ」なども人気があるようです。

 

 

海外旅行じゃなくても、気分転換やリラックスできる
国内でもいいので、チャレンジしてみてはどうですか?

 

 

因みに私は、娘をつれて新緑の山へ行こうと思ってます。

 

 

どうしても人混みがダメみたいですが、自然の中だと
リラックスできるようです。

 

 

部屋にひきこもった状態だと、なかなか外に出たがらない
ものですが、一度出てみて気持ちいいのがわかると案外
続けて外出するようになりました。

 

 

本人もストレスあるでしょうが、周りの親や身内もけっこう
溜まっているはずなので、こんな機会に少しでもリラックス
してリフレッシュしましょう。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院選びの判断基準に悩む

 

パニック障害やうつ病などの精神疾患を持つ場合に
まず専門医の診察を受けることが必要です。

 

 

その場合に、どの病院がいいのか?

 

 

ということに、とても迷ってしまいます。

 

 

実は、私の身内(娘ですが)本人が診察を受けると
いうので、親としては願ってもないことなので、
(なかなか診察を受けると言わなかったもので)
早速病院(心療内科)を探しました。

 

 

インターネットの普及で、県内の心療内科を持つ
病院は網羅できるのですが、イザどの病院にしようか
と選ぶ場合にとても困りました。

 

 

病院の口コミというのもあるのですが、口コミの
ある病院もあることはありますが、ない病院も
少なくありませんでした。

 

 

そして、その口コミも絶対数が少なく(1~3件)
はたしてそれだけを信じていいものかどうか?

 

 

仮に、何とか病院を決めて診察に行ったとしても、
どんな担当医なのか?また、その担当医が本人に合う
医師かどうかという部分も関係してきます。

 

 

知り合いなどから、いろんな病院の評判や噂を聞く
こともありますが、合う合わないとうのは個人によって
違うそうです。

 

 

なので、ある人が「あそこの病院はいいよ」と教えて
くれたとしても、あなたに合うかどうかは、その医師に
合って話をしてみないとわからないわけです。

 

 

このあたり、他の病気と精神疾患の大きな違いですね。

 

 

名医と言われる噂についても同じことが言えます。

 

 

これは、私の経験ですがものすごい腰痛に悩んでいた
私は、ある医師から腰痛を治す名医がいるという病院へ
紹介状を書いてもらい通院しました。

 

 

ところが、どれだけ通っても、どんな治療をしても、
全く良くならない、悪化しているんではないのか?
と思うくらい治りませんでした。

 

 

結果、その病院は諦めたという経験があります。

 

 

そして、自分に合う治療法を見つけるまで試行錯誤し
完治までに約1年を要したんです。

 

 

腰痛のような、形の見える病気でさえこうなのですから
パニック障害やうつ病などの精神疾患となれば、自分に
合う医師を見つけるというのは、もっと難しいだろうな!
というのが私の正直な感想です。

 

 

私が娘を診察してもらうために今回見つけた病院は、
専門医がいる心療内科があることと、思春期外来と
レディース外来を持つ本格的な病院でした。

 

 

他の病院と診療科目や専門性などを考慮して選んでは
みましたが、行ってみないことにはなんとも言えません。

 

 

また通院するかどうかは、私が決めることではなく、
本人が決めることです。

 

 

以後の経緯については、また報告させていただきます。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過呼吸と過換気症候群の違い

 

過呼吸とは、血液中の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れ、
酸素過多になり、二酸化炭素不足となる状態をいいます。

 

 

その結果、動脈血中の酸素分圧が上昇し、炭酸ガス分圧が
低下し1回換気量が増大します。

 

 

過呼吸が発症するケースとして多いのは、有酸素運動と
呼ばれる陸上競技やマラソン、水泳、サッカーなどの
呼吸を多く必要とされるスポーツです。

 

 

過呼吸の症状としては、低酸素症と似ており、
程度が強くなると手足や唇の痺れや呼吸困難、頭のふらつき、
息苦しさ、眠気、激しい耳鳴りや悪寒をきたすこともあります。

 

 

また、重度の場合は筋肉が硬直するという場合もあり
それらが悪循環になって発作がひどくなっていきます。

 

 

これを、過呼吸症候群と呼びます。

 

 

これが心身症など、精神的要因によっておこる場合は
過換気症候群と呼びます。

 

 

ですから、過呼吸過換気症候群が混同されがちですが、
激しい運動の後などに、過度な呼吸で体内に酸素を
取り入れ酸素濃度が高くなる状態の場合は過呼吸

 

 

運動もしていないのに、突発的に起こることが多い
過換気症候群は、別の病気と言えます。

 

 

ただし、どちらも症状が似通っていることから、
パニック障害の症状の一つである過換気症候群特有の
パニック発作なのではないか?
と思われがちです。

 

 

過呼吸がどういう状態で症状が起きたのか?

 

 

また、本人に心身症不安神経症不安障害などの
持病があるかどうかということが、判断するうえでは
重要な基準になるでしょう。

 

 

過換気症候群(精神的要因)の場合は、直接的に
この症状が起因して死ぬ事はないといわれます。

 

 

しかし激しい運動の後などに起こった過呼吸の場合は、
心臓発作などを誘発し死に至るケースもあるようです。

 

 

過換気症候群の対処法として一般的なのが、紙袋などを
口・鼻をあて、吐いた空気を再度吸い込むという方法
(ペーパーバッグ法)です。

 

 

ただしこの場合、袋をぴったりと口・鼻に当ててしまい、
外気を遮断してしまうと、発作時には、酸素が多すぎた状態から、
一気にバランスが逆転し二酸化炭素が多くなり過ぎて、窒息死に
至ったケースも報告されています。

 

 

ペーパーバッグ法を行う場合は、酸素不足にならないよう、
少し隙間を作っておくなどの配慮が必要といわれています。

 

 

発作が起きた場合は、介助者は特別なことをするのではなく、
まず「大丈夫だから安心していい」ということを知らせて
患者を落ち着かせ、息を吐くことを患者に意識させ、
ゆっくりと深呼吸をさせることが必要です。

 

⇒パニック障害と間違われる似た病気や症状

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害と間違われる似た病気や症状

 

パニック障害の症状には、パニック発作をはじめとする
いろんな症状がありますが、パニック障害の症状に似ている
違う病気というものがあります。

 

 

違う病気なのですから、対処法や治療法も違うわけで、
知らなかったでは済まされない場合もでてきます。

 

 

以下、パニック障害と間違うことが多い病気や症状です。
尚、パニック障害と関連性のある精神疾患と一部重なる
病気や症状も含まれています。

 

 

 

【過呼吸/過換気症候群】
有酸素運動と呼ばれる呼吸を多く必要とされるスポーツ
などで起きる過呼吸は、血液中の酸素と二酸化炭素の
バランスが崩れ、酸素過多になり、二酸化炭素不足となる
状態をいいます。
また、心身症など、精神的要因によっておこる場合を
過換気症候群といいます。

 ⇒過呼吸/過換気症候群 詳細

 

 

【自律神経失調症】
自律神経の異常によって、めまい、ふらつき、動悸、息切れ
倦怠感、疲れやすいこと、手足の冷え、発汗、頭ののぼせ、
頭痛、頭重感、不眠、食欲不振などの症状が現れます。
器質的(物理的)な疾患や顕著な精神障害が認められない
ものを自律神経失調症といいます。

 ⇒自律神経失調症 詳細

 

【急性ストレス障害:ASD】
急性ストレス障害は例えば危うく命を落としかけた様な、
大きな事故に遭った直後などに発症します。
症状の特徴は一口で現わせば、とにかく「ボーっとしている」
ことですが、感情が麻痺した様な状態で顔の表情も乏しくなり、
周囲の状況に対しても無反応になります。
⇒急性ストレス障害:ASD詳細

 

 

【心的外傷後ストレス障害:PTSD】
心的外傷後ストレス障害(PTSD)は過去における悲惨な体験や
体に加えられた危害や恐怖、またはそれを暗示するものに苛まれ
苦しめられる病気です。
心的外傷後ストレス障害の代表的な症状は大きく分けて
「再体験症状」、「過覚醒症状」、「回避症状」
の三つがあります。
⇒心的外傷後ストレス障害:PTSD詳細

 

 

【メニエール病】
メニエール病の症状として代表的なのがめまい、耳鳴り、難聴
になります。
吐きけなどの自律神経症状をしばしば伴うことや、ふらつく
ような回転性の激しいめまいを伴う場合が多く、日常生活に
支障をきたす女性に多い病気です。

 

 

【バセドウ病】
バセドウ病は、自分の甲状腺に対する抗体(自己抗体)
が原因で甲状腺が刺激されて血中甲状腺ホルモンが過剰になり、
種々の症状が出現する病気です。
症状としては、動悸、頻脈(ひんみゃく)、体重減少、
発汗過多、手指などのふるえ、微熱、眼球突出(ない例も多い)、
甲状腺の腫れ(外部から触れない例もある)、イライラなどの
神経過敏、食欲亢進(こうしん)、下痢、過少月経、倦怠感、
筋力低下などです。

 

 

【虚血性心疾患】
心臓の筋肉(心筋)に血液を送る3本の動脈(冠状動脈)が
狭くなったり、塞がったりして、そこから先の心筋が酸素不足
に陥る状態を虚血性心疾患と呼びます。
前胸部が押されるような痛みや胸がつまる感じが長時間持続し
狭心症や心筋梗塞の症状が現れます。

 

 

【側頭葉てんかん】
側頭葉てんかんは,本人が自覚のないままに無意識に
行動する自動症が特徴です.
記憶障害、性格変化、精神症状など、他のてんかん発作に
見られない様々な随伴症状があります。

 

 

【過敏性腸症候群】
腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにも
かかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が
長く続く病気です。
主な症状は、腹痛もしくは腹部不快感と便通異常です。
ストレスは、症状を悪化させる要因となります。

 

 

【心臓神経症/神経循環無力症】
心臓神経症は、「器質的な心臓の病気がないにもかかわらず、
循環器症状を訴える神経症」です。
症状としては、動悸、胸部不快感、胸痛、息切れ、めまいなど
循環器症状を主とするのが特徴ですが、不安、緊張、焦燥、
神経過敏、不眠、抑うつなどの精神症状も伴います。

 

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ