薬(抗うつ薬、抗不安薬)をやめる条件

 

 

抗うつ薬抗不安薬を1日3錠飲んでいるんだけれども、
今すぐやめたいというパニック障害患者さんは多いです。

 

 

出来ることなら、薬を飲まないようにしたいというのは、
みなさん思っていることでよう。

 

 

でも抗うつ剤抗不安剤から脱出するためにはある条件
必要なんです。

 

 

もし薬を今すぐやめたい、と思っているようでしたら
この条件を満たしてからにして頂きたいと思います。

続きを読む…

投薬治療(薬物療法)について

 

パニック障害では「パニック発作を解消させること」が投薬治療の
第一目標になりますが、それには薬物療法が有効で、SSRIBZD
主として用いられます。

 

 

【SSRI】とは?

 

正式名(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)の略で、
新型抗うつ薬とも呼ばれる「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」
で、抗うつ薬の一種になります。

 

 

うつ症状や病気としての不安の改善を目指す薬で、抗うつ薬という
名称がついていますが、パニック障害にも効果があることが
わかっています。

 

 

SSRIは、従来の抗うつ薬に比べ副作用も少ない為、パニック障害の
薬物治療がしやすくなり、服薬の回数も1日1回で済むものが
ほとんどになりました。

 

 

SSRIの長所としては、パニック発作を確実に抑制し、予期不安や
広場恐怖にも有効、副作用が少なく安全性が高く、長く続けていても
依存性を生じないということがあげられます。

 

 

一方、短所としては、旧来の三環系などと呼ばれる抗うつ薬に
比べると、即効性がなく(効果発現に2~4週間かかる)多くの
うつ病患者にとって作用の強い薬物とはいえません。

 

 

即ち、即効性という部分においては、旧来の三環系と呼ばれる薬の
効果が高い(即効性がある)ため、現在でも三環系の抗うつ薬が
認可されたまま使用されている所以でもあります。

 

 

ただし、三環系の抗うつ薬はSSRIに比べると、副作用が強く
SSRIの効果については、「帯に短し襷に長し」といえます。

 

 

また、SSRIは副作用が比較的少ないと言われており、三環系の
抗うつ薬で見られた抗コリン作用が原因と思われる副作用は減少
したかわりに、セロトニン症候群、賦活症候群、SSRI離脱症候群
など旧来の抗うつ剤ではあまり報告のなかった副作用が発生して
いるといわれています。

 

 

 

【BZD】とは?

 

正式名(benzodiazepine)の略で、ベンゾジアゼピン誘導体
と呼ばれる、中枢神経の信号の流れを抑制することによって、
不安や興奮などを抑制する働きを持つ物質を中心に構成された
抗不安薬です。

 

 

BZDは、不安や興奮を抑制することで眠気を誘うため、
不眠症治療の薬としても利用されています。

 

 

ベンゾジアゼピン受容作用を利用した薬をベンゾジアゼピン系
と総称し、主に睡眠薬抗不安薬に利用されています。

 

 

またベンゾジアゼピンが作用する部位によって中枢神経への
影響も微妙に異なっており、抑鬱状態の改善や痙攣発作の軽減
を行う物質もあるため、抗うつ薬抗てんかん薬として
使われる場合もあります。

 

 

BZDの長所は、不安、不眠、不安に伴う自律神経症状など、
不安症状全般に有効で、副作用も少なく安全性が高いこと、
(副作用として、常用量では眠気、ふらつきくらい)
また、SSRIに即効性がないのと逆で、BZDには即効性がある
とされています。

 

 

一方、BZDの短所は、一般に、短期間での使用は安全で有効
であるが、時に認知障害と攻撃性や行動脱抑制のような
奇異反応が生じることです。

 

 

BZDの投与を長期にわたって続けていると依存性を生じやすい
というデメリットもあります。

 

 

また、乱用の危険があり、急にやめるとリバウンドや離脱症状
(不眠、焦燥、知覚異常など)が出やすく、アルコールとの
併用は禁忌だそうです。

 

 

薬物療法として代表的なSSRIとBZDについての説明をさせて
いただきましたが、どちらも多かれ少なかれ、必ず副作用が
生じます。

 

 

薬物療法は、パニック症候群を完治させるものではなく、
パニック発作などの症状を抑えたり緩和させることが
目的です。

 

 

ですから、たとえどんなに良い薬であっても長期に服薬せず
「薬に依存しない、なくても生活できるようになる」
ということが最終目的になるべきでしょう。

 

 

だからといって、今投薬治療を受けているのを自己判断で
止めたりするのはとても危険です。

 

 

薬はどんなに良い薬であっても、正しい使い方をしなければ
意味がありませんので、まず何よりも治療を医者任せにする
のではなく、患者自身も「薬」の事を学ぶことが大切です。

 

 ⇒抗不安薬の副作用

 

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パニック症候群の治療法と改善法

 

パニック症候群の治療法としては、薬物療法(投薬治療)
精神療法が一般的に行われます。

 

 

 

薬物療法(投薬治療)について…

 

投薬治療については、患者さんの症状によりますが、
投薬をして1週間ほど様子を見てから、量を減らしたり、
増やしたりしていきます。
(※ 担当医から説明もなく増えていく場合は注意してください)

 

 

投薬治療は基本的に、1日3回飲んでいたものが、発作や
不安な時だけ薬を飲むようになる・・・・といった具合に
徐々に量を減らしていき最終的には

 

「薬なしでも生活できるようになる」ことを目指すものです。

 

 

ですから、投薬は症状そのものを治すというよりも、

 

「症状を改善する手助けをするもの」

 

ということで理解していただければいいと思います。

 

 

つまり、投薬自体がパニック障害などによくあるパニック発作や
不安発作を和らげたり、症状を緩和してくれる効果はありますが、
病気そのものを完治させるためのものではないのです。

 

 

パニック障害治療に使用される薬としては、
抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と
抗不安薬のベンゾジアゼピン誘導体(BZD)が中心になります。

 

 

 

 

精神療法について…

 

精神療法は、薬物療法のように「飲めばある程度、即効性がある」
という性格の治療法とは異なります。

 

 

例えて言えば「外科」 の治療で足を骨折した患者さんが手術を終え、
「リハビリ」 を行うのと同じことだと考えて下さい。

 

 

手術をした直後は、すぐに歩けるはずはありませんから、
いやおうなしにベッドでの生活を余儀なくされます。

 

 

すると、日が経つにつれ足の筋肉が萎縮し、骨折が完治したころ
には歩行困難になってしまいます。

 

 

そこで、最近の医学ではできるだけ早い時期から「リハビリ」
を行い普通に歩けるようになるまでの期間をなるべく短く
しているのです。

 

 

ただし、経験のある方ならわかりますが、「リハビリ」は
頭で思うほど簡単ではありません。

 

 

患者本人が、治そうとする強い意志と継続が必要です。

 

 

パニック症候群の精神療法としては、「認知行動療法」
「自律訓練法」「減感作療法」などが有名です。

 

 

さて、おおまかにパニック症候群の薬物療法と精神療法の
お話をしましたが、どちらがいいとか悪いとかいうことではなく、
症状に合った治療法を選び根気よく続けることが必要です。

 

 

現在、心療内科や精神科、メンタルクリニックなどでは、
薬物療法と精神療法を併用されている場合がほとんどです。

 

 

ただ、これについてはそれぞれの患者の症状が違いますので、
担当医の判断で、どちらかから始める場合や同時に始める場合
など様々です。

 

 

薬物療法と精神療法は、それぞれ特徴があり、両者の長所・短所
を踏まえた併用療法が推奨されています。

 

 

尚、治療法とは言えないかもしれませんが、呼吸法や食事療法、
アロマリラクゼーションなどもパニック症候群改善に
効果が見られる場合もあるようです。

 

 ⇒心理療法(精神療法)

 

⇒投薬治療(薬物療法)

 

⇒減感作療法

 

⇒自律訓練法

 

⇒認知行動療法

 

⇒EFT(イーエフティ)

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

強迫性障害(OCD)

 

強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder:OCD)
は、精神疾患のひとつで従来、強迫神経症とも呼ばれていた
不安障害のひとつです。

 

 

強迫性障害(OCD)とは、自分の意思に反して現実とは
異なる不合理な考えやイメージ、不安感が頭に繰り返し
浮かんできて、それを振り払おうと同じ行動を繰り返して
しまう病気です。

 

 

例えて言えば、トイレに入った後何回も手を洗う、ドアの
カギをかけたかどうか、ガス栓をしめたかどうか何回も
確認するというものです。

 

 

本来手を洗う行為やカギをかけたりガス栓をしめた確認を
するのは、衛生面や安全面を考えればあたりまえのこと
なのですが、強迫性障害の場合は、それを何回も、何十回も
しなければ、気がすまなくなる状態になります。

 

 

強迫性障害(OCD)を簡単に言えば

 

「よくないとわかってはいても、けどやめられない症候群」

 

といえます。

 

 

自分でも不合理だと思いながら何回も繰り返すので、
本人にとっては大変つらい病気です。

 

 

この状態が続くようになると、何回も繰り返す行為自体に
心をコントロールされるようになってしまい社会的に支障を
きたすことになるので、何らかの治療が必要となります。

 

 

強迫性障害の症状を「強迫症状」と言いますが、強迫症状は
強迫観念と強迫行為からなり、両方が存在しない場合は
強迫性障害とは診断されません。

 

 

また強迫症状はストレスにより悪化する傾向にあることが
わかっています。

 

【強迫観念】は、
本人の意思や現実とは無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を
生じさせる観念を指します。
強迫観念の内容の多くは、普通の人にもよく見られるものですが、
普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し強迫性障害
の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くために強い
苦痛を感じます。

 

【強迫行為】は、
不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、
強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が
伴うためになかなか止めることができません。
まわりの人から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの
意味付けが生じている場合が多いのです。

 

 

強迫症状については、以下に示すような比較的よく見られる
特徴的な症状があります。

 

【不潔強迫】
いわゆる「潔癖症」です。手の汚れが気になり、手や体などを
必要以上に何度も洗わないと気がすまないなどの症状。

 

【確認行為】
外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたか等が気になり、
何度も戻ってきては執拗に確認する。確認強迫とも言います。

 

【加害恐怖】
自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる
という症状で、車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いて
しまったのではないかと不安に苛まれて確認に戻るなどの行為。

 

【自殺恐怖】
自分が自殺してしまうのではないかと異常に恐れる症状。

 

【疾病恐怖】
自分が重大な病や、いわゆる不治の病などにかかってしまうのでは
ないか、もしくは、かかってしまったのではないかと恐れる症状。
疾病恐怖症とも言う。

 

【縁起恐怖】
自分が宗教的、もしくは社会的に不道徳な行いをしてしまうのでは
ないか、もしくは、してしまったのではないかと恐れる症状。
縁起強迫ともいう。

 

【不完全恐怖】
物を秩序だって順序よく並べたり、対称性を保ったり、本人にとって
きちんとした位置に収めないと気がすまず、うまくいかないと不安を
感じる症状。
不完全強迫ともいう。

 

【保存強迫】
自分が大切な物を誤って捨ててしまうのではないかという恐れから、
不要品を家に貯めこんでしまうもの。(具体例:ゴミ屋敷など)

 

【数唱強迫】
不吉な数やこだわりの数があり、その数を避けたり、その回数を
くり返したりしてしまう症状。

 

【恐怖強迫】
ある恐怖またはことば、事件や事故のことを口にできない。
そのことを口にすると恐ろしいことが起こると思うため
口にできないという症状。

 

 

また、強迫症状に付随するものとして、以下の3つがあります。

 

 

【回避】
強迫観念や強迫行為は患者を疲弊させるため、患者は強迫症状を
引き起こすような状況を避けようとして、生活の幅を狭めること
があります。
これを回避と呼び、重症になると家に引きこもったり、ごく狭い
範囲でしか生活しなくなることがあります。
回避は強迫行為同様に患者の社会生活を阻害し、仕事や学業を
続けることを困難にしてしまいます。

 

【巻き込み】
強迫行為が自分自身の行為で収まらず、家族や親しい友人に懇願
したり強要したりする場合があります。
これを巻き込み、または巻き込み型といいます。
巻き込み、または巻き込み型によって、患者のみならず周囲も
強迫症状の対応に疲れきってしまうことがあげられます。

 

【感染・伝染】
強迫性障害は精神的病気であり、感染することは物理的にはない
    にもかかわらず、他の強迫性障害の患者から影響を受けて、本来
本人が持っていなかった別の症状が発症することがあります。
ただし、精神的な感染はあり得るといわれています。

 

 

強迫性障害の患者数は世界で約5,000 万人程度と思われていますが、
その症状は単独ではなく不安障害や不安発作、うつ病、摂食障害な
どと組み合わされていることもあります。

 

 

この病気の患者の特徴は、他の精神的病と違って、患者本人が病気を
自覚していることです。

 

 

本人もわかっているのですが、治せないのがこの病気といえます。

 

 

重症患者を除いて、社会生活に支障のないレベルの患者は、外では
他人に病気であることが気がつかれないように、儀式(強迫症状)も
人前では我慢して行わず、病気のことを隠し通します。

 

 

そして、他人に見られる心配のない家の中で症状を隠さず露わにし、
儀式行為を気が済むまで行うケースが多いとみられます。

 

 

治療には、行動療法や認知行動療法、抗うつ薬を用いた薬物療法が
有効であると言われています。

 

 

⇒パニック障害と関連性のある精神疾患

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール


難病@おやじ

⇒プロフィール詳細

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。 宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村


パニック障害 ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
 

カテゴリ一覧

サイト内検索

個別詳細説明ページ
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





パニック症候群を身体からアプローチすることで改善させるという新しいパニック障害改善法です。
高い確率で「30日以内に効果が表れる」と評価が高く既に、2,000名以上の改善実績のある方法です。

サプリメント

ページの先頭へ