ひきこもりの娘が社会復帰を果たした驚きの結末!

 

 

娘がひきこもってから既に7年経過していました。

親子関係は、とりあえず良好ではあったものの、
将来に対する不安は、私たち夫婦もそして本人も
持ち続けていました。

 

 

考えてみれば、そりゃそうですよね。

 

 

中学校も高校も行っていないのに、
社会人として働き始めるなんてどう考えても
できるはずがない。

 

 

本人が一番そう思っているようでした。

 

 

 

「この先どうしたらいいんだろう?」

 

 

私たち夫婦は、親として思うのは当然ですが、
実際に生きていくのは娘本人です。

 

 

相当悩んでいたと思います。

 

 

後は自分で何とかしろ・・・

 

 

 

そんなことが言えるはずもなく、
何とか社会生活がまともにできるように、
どうするべきかを模索しました。

 

 

そして見つけました。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

【親元を離れて暮らすという方法】

 

 

 

親といっしょにいても教えてやれない事。

 

 

 

それが

 

 

「他人とかかわることで、他人から学ぶこと」

 

 

に他なりません。

 

 

 

人間は生まれてから、まず親、そして家族、
それから学校や地域社会とかかわることで
人格形成されるものです。

 

 

親以外の家族以外の人間とのかかわりは、
娘にとって一番必要なことでした。

 

 

そこで私たち夫婦は、親元を離れて暮らす、
合宿型のひきこもり自立支援施設?

 

 

なるものを、必死で探し続けました。

 

 

 

日本全国、いろんな地域にある共同生活型、
いわゆる「合宿型」のひきこもり自立支援施設は、
調べれば調べるほどけっこうありました。

 

 

一昔前話題になった、

 

 

「戸塚ヨットスクール」

 

 

的な、スパルタタイプの施設もあるようでした。

 

 

 

 

 

 

 

インターネットで検索してみると、
けっこうな数がヒットするのですが、
中には実際に運営されていないような施設も
あるようでした。

 

 

また、ホームページはあるものの、
現在は閉鎖されている施設などもありました。

 

 

評判についても、ネット上の書き込みだけでは、
信憑性に欠けるようなものも多かったので、
私たち夫婦は実際に自分たちの目と耳で
確かめることにしたのです。

 

 

 

自分の娘を、親元から離して預けるのですから、
いい加減な気持ちではできません。

 

 

運営しているところや運営者に直接会い、
また実際にそこで生活している寮生の現実を、
確かめるために奔走しました。

 

 

遠く離れた県外の施設も多かったので、
時間と労力は大変なものでしたが、
実際に訪問したことは正解でした。

 

 

どんな部屋に住めるのか?

 

 

周りの環境や寮生の管理状態や年齢構成、
そしてどんなカリキュラムがあるのか?

 

 

費用はどのくらいかかるのか?

 

 

どんな実績がある施設で、運営者の人間性は
問題がないか?

 

 

様々な比較をしながら選びました。

 

 

 

最終的には、自分の娘に一番合いそうな施設を
総合的に判断しました。

 

 

結果ある1つの施設がいいだろうということで、
娘に話してみました。

 

 

その当時は、親子の会話もできる状態だったのと、
本人も危機感を持っていたこともあって、
話はすんなりと聞いてくれました。

 

 

そして、その合宿型のひきこもり自立支援施設を、
娘といっしょに見学することになったのです。

 

 

ただ、問題がありました。

 

 

私たち夫婦が選んで、娘に話した施設は、
とても良い環境と運営者だったのですが、
自宅からは数百キロ離れた県外でした。

 

 

娘の将来を思うと断腸の思いでしたが、
見学することを決意した娘の気持ちもあり
私たち親子は、決意したのでした。

 

 

施設へ訪問してからの経緯については、
長くなりましたので別ページにて、
説明させていただきます。

 

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

 

 

ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ