アルバイト生活~卒寮・自立~社会復帰へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設に入寮してから6か月ほど経った頃、
娘がアルバイトを始めました。

 

 

 

アルバイトは、レストランの厨房で、
お皿を洗ったり、掃除をしたりのようでした。

 

 

 

娘の入った合宿型のひきこもり自立支援施設は、
アルバイトができる状態かどうかをオーナーや
スタッフが確認し、OKが出た場合のみ
することができるのです。

 

 

なので入寮してからの月日とか年齢とかで、
古い人から順番にできるわけではない
ということです。

 

 

寮生の中には、精神的に不安定な人もおり、
アスペルガー症候群や適応障害、発達障害、
境界性人格障害等々の障害を持つ方もいます。

 

 

ですから外へアルバイトに出かける場合は、

施設として

 

 

「この寮生は働いても大丈夫」

 

 

という許可が必要なのです。

 

 

また、アルバイト先も基本的には、
ひきこもり自立支援施設との契約先なので、
派遣する場合の責任も生じるからでしょう。

 

 

 

働いたお金は、施設にピンハネされることなく、
すべて本人に入ります。

 

 

時給についても、一般的な時給と遜色ない
レベルだと感じました。

 

 

ただし、なんらかの障害を持つ場合の
アルバイト先については、特殊な作業もあり
賃金形態も別のようです。

※詳しいことはわかりません。

 

 

さて、娘は約半年でアルバイトを始めましたが、
やっぱり一番嬉しいのは、スマホ解禁という
特典でしょう。

 

 

今時、スマホが使えないということに対して、
我慢できない若者は多いでしょう。

 

 

娘も施設に入寮する時、一番渋ったのが、
スマホを取り上げられて使えないことでした。

 

 

それでも、半年間我慢してました。

 

 

アルバイトをすればお小遣いも増えますが、
何よりスマホ解禁になりたい気持ちが
一番強かったのではないかと感じました。

 

 

でも、ある意味“目的や目標”としては、
それも有りだと感じました。

 

 

またスマホ解禁になったことで、
自宅への連絡も頻繁になりました。

 

 

 

特に妻とは、ラインを使って寮生活のことや
いろんな話題で繋がっているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

それから1年が経つのは、早かったです。

 

 

田植えや稲刈り、バーベキューなどでは、
親も参加して子供と楽しみました。

 

 

娘を預かってもらった施設では、
寮生たちによる様々なスポーツも盛んでした。

 

 

ソフトボール大会、フットサル、バドミントン、
スキー、バレーボールなどがあり学校生活を
まともに過ごせなかった娘は、中学や高校を
体験できたようなものでした。

 

 

 

そんな寮生活をしながら、アルバイトの時間や
日数が増えていきました。

 

 

アルバイトがメインの仕事になるということは、
施設の農作業ができなくなるということです。

 

 

つまり、農作業は入寮したての頃に、
生活サイクルを正常にするのが第一の目的です。

 

 

昼夜逆転生活をしている場合が多いひきこもりを、
正しい生活サイクルに戻すということ。

 

 

そのためには、スマホもまともな生活つまり、
アルバイトできるレベルになるまで禁止
ということです。

 

 

 

自分の通信費くらいは払えるようにならないと、
返してもらえないということです。

 

 

アルバイトである程度収入が安定してくると、
親に払ってもらっている毎月かかる寮費用も
負担するようになります。

 

 

そして自立できる状態になった時には、
卒寮(寮から出て自立する)が訪れます。

 

 

私の娘は、アルバイト生活が主になり、
約1年間で卒寮となりました。

 

 

1年前に入寮したころを思い出しました。

 

 

あっけらかんとしていましたが、
内心は不安いっぱいだったと思います。

 

 

中学校もほとんど行かず、高校も出ていない
そんな娘がアルバイトをしている。

 

 

1年前には想像もできませんでした。

 

 

施設のオーナー夫妻やスタッフさんには、
感謝してもしきれませんでした。

 

 

いろんな思い出を胸に、娘は卒寮することが
できたのです。

 

 

 

その後、地元に帰ってアルバイトをしています。

 

 

今は、「車の免許を取るんだ」

 

と言ってお金を貯めているようです。

 

 

また、どうやらボーイフレンドも出来たようで、
彼女なりにちょっと遅めの青春を楽しんで
いるようです。

 

 

まだまだ社会人としては足りないところがあり、
危なっかしいところも多いのですが、
施設に行く前と比べれば雲泥の差です。

 

 

 

親元を離れて、寮生活で得た経験は、
たぶん今後の彼女の人生に大きな意味を持つと
思います。

 

 

ただ、娘の人生はこれからが本番です。

 

 

 

1年間のひきこもり自立支援施設寮生活は、
とても有意義だったと思います。

 

 

それでもこれからの長い人生においては、
学ぶことがたくさんあります。

 

 

私たち夫婦も、娘のひきこもりをきっかけに、
いろんな勉強をさせていただきました。

 

 

娘がひきこもりでなかったら、一生知らずに
いたかもしれません。

 

 

娘に言いたいです。

 

 

ひきこもってくれて、ありがとう。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

 

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

 

 

 

ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ