不登校・ひきこもりの初期に親がやるべき大切なこととは!?

 

自分のお子さんがある日突然不登校に・・・
あなたは、どうすればいいか困ってませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不登校~ひきこもりになった子供は、
まず親と口をきいてくれなくなるはずです。

 

 

そして、そんな時どう対応したらいいのか?

というご質問もたくさん頂きました。

 

 

ご相談やご質問を読ませていただくと、
不登校やひきこもった当時を思い出します。

 

 

私も全く同じ思いをしたからです。

 

 

でも、ほとんどの親御さんも初めての経験で、
何をどうすればいいのか、話しかけるべきか?

 

 

話しかけるとすれば、どういう言葉で、
どんな態度で対応すればいいのか?

 

 

本当に悩んでいらっしゃることでしょう。

 

 

私も娘が不登校になった当時は、
全くわからず本当に不安な毎日でした。

 

 

さて、

 

ここからは、親として子供にどう対応していくのか?
ということを具体的にお話させていただきます。

 

 

が、その前に当時 私や妻が子供への対応以前に、
できていなかったために、とても遠回りすることになった
重要なことをお話します。

 

 

それは何かというと、

 

自分の子供が、不登校~引きこもりになった現実を
受け入れることが出来ていなかったことです。

 

 

 

現実とは、

 

・学校に行っていない(不登校)

 

・ひきこもりで部屋に閉じこもっている

 

・会話もできず、会うこともできない

 

 

という実際に起きている現実があるにもかかわらず、

 

 

 

・そのうち行くようになるかもしれない

 

・学校へは行くのが当然で行くべき

 

・高校くらい出ておくのはあたりまえ

 

 

という親の願望を持ち続けていました。

 

 

 

 

ですから、毎日娘と対峙している妻などは、

 

 

「そろそろ学校に行かないの?」

 

 

「勉強が遅れるので行った方がいい」

 

 

といった、今だからこそわかる
不登校初期には絶対にしてはいけないような
対応をしていました。

 

 

 

親の勝手な理想や希望を押し付けていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、世間体もよくないと思っていました。

不登校は「悪いこと」で、ひきこもりなんて
もってのほかという親の一方的な気持ちだけで、
現実を直視していませんでした。

 

 

不登校~ひきこもりになっている娘がいる
という現実を直視していなかった。

 

 

 

だから、初めての経験なのに娘の気持ちより、
どうすれば元に戻ってくれるのか?

 

 

ということばかりを考えていました。

 

 

この時点で、ひきこもった娘の気持ちと、
親の気持ちがかけ離れてしまっていました。

 

 

そして、

 

「なぜ育て方を間違ったのだろうか?」

 

「どう育てるべきだったのか?」

 

「いったいどこで育て方を間違えたのだろう?」

 

 

と自分を責めることでしか現実を正当化できず、

正しい解決方法も知らないくせに、

 

 

「なぜうちの子だけが、こんなことに…」

 

 

と、まるで被害者のような意識でした。

 

 

あなたは、どうですか?

 

 

そんな気持ちになっていませんか?

 

 

私の場合は、不登校初期に対応を誤ってしまい、
長引かせてしまいましたが、その後大切なことを
知りました。

 

 

それは、

自分たち親がまず、現実を受け入れ、
なって欲しい願望を捨て去ることでした。

 

 

 

具体的には、

 

 

・不登校のままでもいい

 

・ずっと家にいてもいい

 

・中卒でもいい

 

・勉強もしなくていい

 

 

という今迄の私たち夫婦には、
考えられないような内容です。

 

 

 

たぶん、そんなことできるわけがない!

 

 

と思われた親御さんは多いと思います。

 

 

親として、できればいい成績で、
それなりの高校に合格して欲しいと思うのは
あたりまえのことです。

 

 

 

そして、できれば安定したいい仕事に就いて、
幸せな人生を送って欲しいと思いませんか?

 

 

親なら、誰もが思うあたりまえのことですが、
このあたりまえのことが、実は本人にとって、
ものすごく重荷になっているのです。

 

 

今ほど私が言った、親御さんの願望を捨て去る。

 

 

これは、実際に不登校やひきこもりだった
子供を持つ親御さんたちが、不登校初期の対応で、
一番できずに失敗することなんです。

 

 

私も、この内容を受け入れることには抵抗感もあり、
心からそう思うのには時間も必要でした。

 

 

でも、そのうち

 

 

「生きていてくれるだけでいい」

 

 

という気持ちになれて、

 

私たち夫婦から娘への対応方法が変わると、
思いもよらない変化が出てきたのです。

 

 

 

娘の方から態度が変わってきたのです。

 

 

正直、信じられませんでした。

 

 

この対応方法は、私ども夫婦だけではなく、
今までひきこもりから立ち直った家庭では、
実際に効果があった方法になります。

 

 

 

具体的にどうやって対応したのかについて、
詳しく書かせていただきましたので、
以下のページからご覧ください。

 

 

 

親があきらめることで、ひきこもりの子供が変わる!

 

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

不登校~ひきこもりを解決するまでの娘との、
壮絶な葛藤の日々や長年ひきこもっていた娘が、
求めていたことをメルマガで配信しています。

 

 

私のひきこもりブログではお話しできない、
デリケートな内容や、ひきこもりを解決した
実体験も交えてお話させていただきます。

 

 

不登校やひきこもりで悩む親御さんには、
是非読んでいただいてひきこもり解決の
きっかけになればと思います。

 

 

よろしければご覧ください。

 

 

以下をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

⇒【8年9か月のひきこもりを解決した親のメルマガ】

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

カテゴリ:不登校  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ