不登校~再登校についての問題点と注意点!

 

不登校になった子供の親は再登校を望むでしょう。
でも、ただ再登校すれば解決するとは限りません。

 

 

 

 

 

 

 

不登校になって親御さんは、

 

“できれば再登校してほしい”

 

というのが本音ではないでしょうか?

 

 

私も娘が不登校になった時は、
深い考えもないまま、

 

“学校へ戻って欲しい”

 

と思った記憶があります。

 

 

親御さんが考える“再登校”の意味は、
不登校になった子供の本当の理由を知らなくても、
いうなれば反射的にそう思うものです。

 

 

それは、心のどこかに、

 

 

「学校は、行ってあたりまえ」

 

「みんな行ってるのにうちだけ・・・」

 

「高校くらいは出ておかないと・・・」

 

「学校って楽しいことばかりじゃない」

 

「昔は不登校なんてほとんどなかった」

 

 

 

など、今までの自分が経験したことや、思い込みを、
自分の子供にもあてはめようとしているからです。

 

 

 

表向きは、

 

“子供の将来の為”

 

と、自分に都合がよく耳障りの言い響きに、
正しいと思い込んでいるのではないでしょうか?

 

 

私自身がそうだったから、
今考えるといかに自分本位の偏った考えだったか、
ゾッとすることがあります。

 

 

「自分の家に不登校・ひきこもりがいる」

 

 

 

という現実を、

 

 

認めたくない。

 

 

近所に知られたくない。

 

 

同級生の親に顔を合わせられない。

 

 

近所のスーパーにも行きたくない。

 

 

不登校やひきこもりの子を持つ親ならば、
こんな気持ちになるはずです。

 

 

 

でも、これって完全に「世間体」ですよね。

 

 

自分の子供の心を思いやって感じる気持ち…

ではないです。

 

 

こういった気持ちというのは、
私たち夫婦も経験したので正直痛いほど、
わかります。

 

 

だけど、長い年月ひきこもる子供がいると、
そんな「世間体」なんていってられません。

そんな“余裕”はなくなります。

 

 

何を言いたいかというと、
私たちのように、“余裕”がなくなるほど、
ひきこもりを長引かせないで欲しいということ。

 

 

私は、残念ながら娘を「再登校」させることが、
できませんでした。

 

 

先ほども言いましたが、「再登校」を望むのは、
たいがいの親が思うことです。

 

 

でも、注意してほしいのは、
必ずしも同じ中学や高校にこだわらないで欲しい
ということです。

 

 

もし、あなたのお子さんが「陰湿ないじめ」によって、
不登校になっているのだとしたら。

 

 

いじめの状況が、なくならない限り、
そんな学校へ行きたくないのは当たり前です。

 

 

学校側や教育委員会は、最近メディアで叩かれるので、
少しは対応しているふりはしています。

 

 

でも、根本的には「事なかれ主義」であって、
自分の学校に「いじめ」があることを認めたくない。

 

 

社会でよくある社内での不祥事をもみけすのと同じ、
大人の理屈?で、なかったことにするようなものです。

 

 

記憶に新しい、日大や相撲協会の隠ぺい体質と、
何ら変わらない世界です。

 

 

そんな大人が牛耳っているのが学校です。

 

 

伏魔殿(ふくまでん)と言ったら言い過ぎでしょうか?

 

 

つまり、いじめも解決できないようなところへ、
そのまま「学校へいきなさい」というのは、
いかがなものかということ。

 

 

勘違いしてほしくないのは、
私は「再登校」をするべきだと思っています。

 

 

ただし、いじめの解決や本人の意思などを尊重し、
転校やフリースクールという選択の「再登校」
有りだと言いたいのです。

 

 

転校しても安泰ではないかもしれません。

 

 

あなたも中学や高校へ通ったことがあれば、
思い当たると思いますが、学校や学年、またはクラスには、
必ずボス的存在がいるものです。

 

 

ボスとまでいかなくても、発言力や影響力のある、
そんな生徒は必ずいます。

 

 

そんな学校生活を通して、自分がどういう立ち位置で、
どうやって生きていくのかを学ぶわけです。

 

 

私の娘は、学校で自分を出せない性格でした。

たぶん嫌われないために、誰にでもやさしく、
そして人に合わせることを選択したのでしょう。

 

 

何も問題がないときは、まわりに人があつまりますが、
イザ「仲間はずれ」にされた時は、一気にひとりぼっち
となったようです。

 

 

娘の性格が“あだ”になったのか今となっては、
わかりませんが、言えることは

 

「誰にでも可能性がある」

 

ということです。

 

 

 

私が、再登校をすすめるのは、学力という面もですが、
それよりも人間関係を学ぶためです。

 

 

社会に出れば、学校よりもはるかに厳しい人間関係が
あります。

 

 

社会人となってからひきこもって中高年ひきこもりに、
なるくらいなら、やっぱり学生時代に人間関係で、
ある程度「揉まれる」べきです。

 

 

ただし、先ほどもいいましたが、
どこへ「再登校」するべきかは熟考して決めるべきです。

 

 

再登校の可能性は、10代でもなるべく早いうちのほうが、
高いそうです。

 

 

あなたのお子さんが、まだ不登校から間もないのであれば、
今、すぐに動かれることをおすすめします。

 

 

再登校については、以下の書籍を一読されると、
理解が深まるでしょう。

 

 

 

「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」

 

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

不登校~ひきこもりを解決するまでの娘との、
壮絶な葛藤の日々をメルマガで配信しています。

 

不登校やひきこもりで悩む親御さんには、
是非読んでいただいてひきこもり解決の
きっかけになればと思います。

 

よろしければご覧ください。

 

 

以下をクリックしてご覧ください。

 

 

 

⇒【8年9か月のひきこもりを解決した親のメルマガ】

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

 

宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ