合宿型ひきこもり自立支援施設の見学へ行く

 

 

 

 

 

自宅から数百キロも離れたところにある、
合宿型のひきこもり自立支援施設へ見学に
娘を連れて行きました。

 

 

場所は、田舎の山間地というか、
本当に何もない田んぼがあるだけの、
のどかな風景という言葉がピッタリの
静かな農村でした。

 

 

そこには、ひきこもりの子供たちが、
約20名ほど共同生活していました。

 

 

施設は開設されてから30年以上だそうで、
建物もそれなりに年季が入っていました。

 

 

そのひきこもり自立支援施設は今日まで、
数百名のひきこもりを自立させているらしく、
全国的にも早い時期から運営されている
業界では有名な施設でした。

 

 

 

最近、ネットやテレビなどでもいろんな
ひきこもり自立支援施設を目にするのですが、
それらとは一線を画すような施設でした。

 

 

まず建物は古く、お世辞にも綺麗とは言えない
室内の状況。

 

 

 

寮生活をしている寮生も10代から30代と
いろんな年代が共同生活をしていました。

 

 

また、そのうち女性は3人程度でした。

 

 

私たち夫婦が、そのひきこもり自立支援施設を、
見学しようと思ったのには理由があります。

 

 

それは、

 

今でこそ「不登校やひきこもり」というのは、
社会的にも認知され、支援機関も増えていますが、
今回行ったその施設は、そのずっと以前から
自立支援活動をしていたということ。

 

 

そして、多くのひきこもりを自立させて、
社会に送り出してきた実績があること。

 

 

また、運営しているオーナー?さんの考え方や、
現在までの経緯に納得したからでした。

 

 

その施設には、いろんな決まりがありました。

 

 

 

 

 

 

・携帯やスマホは禁止。

※バイトなど働くようになれば解禁
(自分で払える状態になること)

 

 

・食事や掃除は当番制で全員行う。

 

 

・朝は6:00起床して散歩が決まり
※しなかったら罰則あり

 

 

・寮生は基本毎日農作業を行う

 

 

大まかにはこのような決まりです。

 

 

 

簡単に言えば、朝早く起きて太陽を浴び、
日中仕事をして疲れた身体で熟睡する。

 

 

そして、全員で作った食事を1日3回、
全員で美味しくいただく。

 

 

ひきこもりの子供にありがちの昼夜逆転を、
根本的に改善するという生活習慣を身に着ける
というごくあたりまえのことです。

 

 

それでも、親と家庭で生活している間は、
あたりまえのことなのにできません。

 

 

親子では、お互いに甘えや依存する気持ちが
どうしても出てしまうものです。

 

 

全くの他人と接することが、社会人として
自立するためには、必要と感じました。

 

 

私たち夫婦は、いろんな観点から見学して、

 

 

「ここなら、娘の自立にふさわしい」

 

 

と感じましたが、問題は娘の気持ちです。

 

 

 

娘は、施設を運営しているオーナーさんと、
2人きりでしばらく話をしました。

 

 

そして話が終わり、私たちの所へ来て
言いました。

 

 

 

「私、ここの寮に入りたい!」

 

 

 

驚いたのなんの、びっくりです。

 

 

 

ほんの数十分話をした後にまさかの展開です。

でも、娘には確かに兆しがありました。

 

 

それは、以前もお話ししましたが、
フリースペースに行くのをやめてからのこと。

 

 

 

「私、太陽の下で散歩したり働いたりしたい」

 

 

と言っていたからです。

 

 

 

もうひきこもりを続けて、フリースペースに居た、
10年選手のようにはなりたくなかったのです。

 

 

そういう意味では、フリースペースへ行って、

 

「ここにいたらダメだ!」

 

という気持ちになったことは、とても意味があり、
フリースペースを体験したからこそ次の段階が、
訪れたのは間違いありません。

 

 

さて、ひきこもり自立支援施設へ自らの意思で、
行くことになったのは、とても嬉しい出来事で、
私たち夫婦も、ホッとしました。

 

 

そして今までの長い年月を娘とともに苦しんだ
悪夢のような日々から、よくここまでになったと、
感慨に耽る私たちでした。

 

 

ところが、そんな気持ちもつかの間で、
施設運営者であるオーナーさんからの一言で、
とたんに現実に引き戻されたのでした。

 

 

ひきこもり自立支援施設へ入ってからのお話は、
別ページで詳しくお話させていただきます。

 

 

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

 

 

 

追伸:

私の娘が紆余曲折しながらも、一歩ずつ前に
歩き始めることができたのは、親子としての
関係が正常になってまともに話ができるように
なったからに他なりません。

 

 

ひきこもりが、一足飛びに解決しないことを、
身をもって体験したので、まず親子の会話が
出来ることがスタートラインだと思います。

 

 

それが出来ていないという親御さんは、
親子で笑顔になる思春期の子育て法
ページを再度お読みください。

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

 

 

 

 

 

ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ