娘がひきこもり自立支援施設を卒寮して思うこと

 

 

 

 

 

 

ひきこもり自立支援施設については、
ネットなどの広告でよく見かけます。

 

 

私の娘の場合は、
合宿型のひきこもり自立支援施設へ、
自分から「行く」と決断しました。

 

 

でも、ひきこもりの状況がもっと深刻な場合。

例えば暴力に訴えるような場合です。

 

 

そういう場合には、親も疲弊してしまい、
また高齢化していると手に負えないことが、
あるかと思います。

 

 

そんなときに最近よく目にする、

 

 

「引き出し屋」

 

 

と呼ばれる、

 

自称「ひきこもり自立支援施設」

をご存知でしょうか?

 

 

 

これは、テレビなどでも紹介されてましたが、
場合によっては部屋から出てこない子供を、
無理やり引きずり出して施設へ連れていく
というところです。

 

 

たぶん、こういうところに頼む親御さんは、
相当苦しんだ挙句、もうこれしかないと、
仕方なくされたのだろうと想像します。

 

 

私の場合は娘ですが、
同じような気持ちになったことは、
1回や2回ではありませんでした。

 

 

だから、気持ちはよくわかります。

 

 

今だから言えますが、

 

 

「いっそ死んでくれたら・・・」

 

 

と思ったことも数え切れません。

 

 

 

たぶん「引き出し屋」に依頼する親御さんも、
そういう思いを何度もし続けたことでしょう。

 

 

でも、無理やり力ずくで連れて行ったら、
たぶん親に対する“恨みや憎しみ”しか残らず、
結果根本的な解決にならないと感じます。

 

 

実際に戻ってきて、とんでもないことに
なったという話もよく聞きます。

 

 

また、自分の意思で行ったわけではないので、
脱走する場合も少なくないようです。

 

 

「引き出し屋」と呼ばれる業者のすべてが、
悪いとは思いませんが、中には法外な費用を
請求される場合もあるようです。

 

 

先日ある新聞を見ていたのですが、
3か月で数百万とかいう請求が来たそうです。

 

 

こういう法外な費用を請求するような、
悪質業者ばかりではないとは思いますが、
営利目的の自称「ひきこもり自立支援施設」
少なくないようです。

 

 

 

 

 

 

実を言うと、

 

 

私の娘が、ひきこもり自立支援施設に入るまでは、
何か所も電話したり、実際に訪問したりして、
数か月を要しました。

 

 

その際には、ちょっと首をかしげるような、
怪しげな施設もありました。

 

 

一番重要なのは、その施設の運営元(運営者)と、
顔を合わせて実際に話をすることです。

 

 

膝を突き合わせて話すと、おおよその人格や
人となりはわかるものです。

 

 

まして、預ける側の親としては真剣ですから、
おかしな所へ預けるわけにもいきません。

 

 

また、こっちがダメならあっちというような、
安易な気持ちではないことを子供自身にも
伝える必要があります。

 

 

実際に私の娘が、ひきこもり自立支援施設で、
1年間生活して卒寮できたことは運営者である
オーナーさんやスタッフそして共に生活した
寮生のおかげです。

 

 

現在も、ひきこもり自立支援施設へ行くことなく
自宅で生活していたら、たぶんアルバイトどころか
ニートのようになっていたと思います。

 

 

私は、ひきこもりの子供を持つ親御さんに、
ひきこもり自立支援施設をすすめているわけでは
ありません。

 

 

行く必要がなければ、行かないほうがいいと
思っています。

 

 

費用もけっこうかかります。

 

 

 

また、向き不向きもあると思いますし、
選んだひきこもり自立支援施設との相性も
関係してきます。

 

 

いっしょに暮らす寮生についても、
いろんなタイプがいますので、いい影響ばかり
とは言えないところもあります。

 

 

それらのことをすべて把握した上で選ぶ
というのは正直難しいと思います。

 

 

 

私の場合は、そういうリスクをなるべく減らす
という意味で、実際に訪問し目と耳で確かめ、
たくさんあるひきこもり自立支援施設の中から
選びました。

 

 

ですから、私の娘が行った施設は、
私の娘には合っていたかもしれませんが、
あなたのお子さんに合うかどうかは別です。

 

 

もし、ひきこもり自立支援施設を考えてみる
ということであれば、面倒かもしれませんが、
ご自身で訪問し確認することをおすすめします。

 

 

最後に、私の娘はフリースペースを経て、
ひきこもり自立支援施設へ行ったわけですが、
どちらも娘の意思で行きました。

 

 

ですから、一番大切なのはひきこもっている
本人と本音で意思の疎通ができることです。

 

 

まず親子の関係が良くならないと、
普通の会話もできないはずです。

 

 

普通の会話ができないのに、施設へ行くとか
行かないというのは、それ以前の話です。

 

 

大人でもそうですが、人にやらされるのと、
自分の意思で決めたことというのは、
大きな違いが出てきます。

 

 

自らの意思で決めたことというのは、
人に指示されたりやらされたりした場合より、
継続する力の原点が違います。

 

 

ひきこもりの子供に多い感受性の強い子は、
自分の好きなことや興味のあることには、
驚くほどの集中力を発揮します。

 

 

子供自身が

「やりたい」とか「がんばってみる」
という気持ちで、自ら選んだことは、
そう簡単には諦めないものです。

 

 

ですが一番難しいのは、子供が自発的に
そういう気持ちになれるかということ。

 

 

そして、子供が自分の気持ちを語り、
親である私たちに話をしてくれることが、
とても重要になります。

 

 

 

そんな時、ポイントでもありネックになるのが、
親と子の信頼関係です。

 

 

子供の本当の気持ち、すなわち自らの意思を
確認しようと思っても、子供自身が親を
信頼していなければ本音で話さないでしょう。

 

 

親がうるさく、ひきこもり自立支援施設へ
行って欲しいと言うから、不本意なまま

 

とりあえず行ってみるか・・・

 

 

そんな気持ちで行かせても、
それこそ脱走したり、問題を起こしたり
決していい状態にはならないでしょう。

 

 

私のブログやメルマガで何度も言ってますが、
親子の会話が出来て、初めてスタートライン
なんです。

 

 

そのスタートラインにつくことが出来れば、
後はどんな展開になっても、親子の信頼関係が
基盤にあるので、大丈夫です。

 

 

出来る事なら、不登校やひきこもりになって、
早い時期に、親子の信頼関係を築いてください。

 

 

そして中学生や高校生であれば、
出来る事なら再登校できることがいいのです。

 

⇒再登校の注意点

 

 

そうすれば、私の娘のようにわざわざ、
ひきこもり自立支援施設などへ行く必要もなく、
学校生活で学ぶことができるのです。

 

 

私の本音は、

 

「できれば再登校してほしかった」

 

のですが、今となっては後の祭りです。

 

 

 

あなたのお子さんには、私の娘のように
大切な青春の時間を無駄にしてほしくないのです。

 

 

一日も早く親子関係を取り戻し、
笑顔で会話できる家庭になることを、
心から願っています。

 

 

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

 

 

 

⇒親子で笑顔になる思春期の子育て法

 

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

 

 

 

ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ