子供と四六時中一緒にいないほうがいい・・・

四六時中子供と過ごしている親は、
ひきこもり解決を遅らせる・・・

 

 

 

 

 

 

 

娘がひきこもり始めて、どのくらいだったか…

 

学校や友達との連絡が途絶えると、
娘がかかわることが出来るのは家族だけ。

 

それも、母親のみといういびつな状況。

 

当時は、妻も仕事をしていたので、
帰宅してから家事をこなして普通なら、
疲れたから少し休もうかな・・・

 

と思っても、娘から毎晩呼び出される始末。

 

それも、普通の会話なら苦にもならないけど、

内容は毎晩いっしょ。

 

「謝れ!謝れ!謝れ!」

「私がこうなったのはお前たちのせいだ!」

「私の青春を返せ!」

 

そういう会話?というか会話ではない、
一方的な話を数時間毎晩のように聞かされる。

こういうときの精神状態なのか、
毎日同じ話をするらしいのだが、
それが一語一句違わないらしい。

 

毎日です。

 

 

妻は、毎晩眠るのが1時とか2時、
酷いときには朝方まで続いていた。

 

こうなると、当然寝不足で仕事もままならず、
精神的にも仕事に行く気力がなくなった。

 

会社にその旨を話して、とりあえず退職した。

 

妻が会社を辞めてどうなったか?

 

 

実は、もっとひどくなった。

 

 

つまり、今までは夜だけで済んでいた、
娘の一方的な恫喝ともいえる話。

 

それが、妻がいることによって、
娘が起きている間は、延々と続くことに。

 

妻としては、仕事に行くことで、
ある意味「気分転換」にもなっていた。

 

ところが、ひきこもりの娘の相手を一日中
することになって、以前にもまして妻の
精神状態が崩壊しはじめたのです。

 

妻が仕事を止め、娘にしてみれば、
妻を四六時中ひとりじめできるわけです。

 

でも、これはほとんど「奴隷」でした。

 

 

「○○を買ってこい!」

 

なんていうことは日常茶飯事!

 

妻が仕事を辞めたことで、決して裕福ではない
うちの家計は、火の車状態。

 

そんなことはお構いなしの娘の要求!

 

地獄絵図そのものでしたね。

 

それでもやっぱり娘がかわいくて、

「何とかしてやりたい!」

 

という一心だったと思います。

 

「ねえ、私かわいそう?」

 

という言葉も毎日数百回言ったそうです。

 

私たち親は、心から本当に「かわいそう」
だと思っていましたから、いわれるがまま
だったのです。

 

でも、これも後で分かったことですが、
ひきこもった子供と四六時中いるのは、
ダメなんです。

 

 

結局、親自体の精神状態が正常ではなくなって、
生きる気力が出てこなくなる。

 

息抜きや発散できる場所がないので、
気持ちが滅入って何もする気がなくなる。

 

そして、妻はもう限界がきてしまい、
娘に対して、本音をぶちまける。

 

すると、娘は今まで以上に暴れだし、
収拾がつかなくなりました。

 

このままでは、どちらもつぶれてしまう。

 

どうしたらいいのか、わからなくなりました。

 

私たちの決断は、

 

「これは病気かもしれない」

 

というものでした。

 

そこで、心療内科やメンタルクリニックと
言われる場所へ助けを求めていったのです。

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

不登校~ひきこもりを解決するまでの娘との、
壮絶な葛藤の日々や長年ひきこもっていた娘が、
求めていたことをメルマガで配信しています。

 

 

私のひきこもりブログではお話しできない、
デリケートな内容や、ひきこもりを解決した
実体験も交えてお話させていただきます。

 

 

不登校やひきこもりで悩む親御さんには、
是非読んでいただいてひきこもり解決の
きっかけになればと思います。

 

 

よろしければご覧ください。

 

 

以下をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

⇒【8年9か月のひきこもりを解決した親のメルマガ】

 

 

記事が参考になったよ!
という方はブログランキングを
クリックしていただけませんか?

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング

 

 

コメントは2件です

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ひきこもりメールマガジン

不登校やひきこもりは、ブログでは公開できないようなデリケートな内容も多いので、ご希望の方には、具体的なひきこもりを解決した実話をメールマガジンで配信しています。

⇒メールマガジンはこちら
 

管理人プロフィール


自分の子供が不登校~ひきこもりになって、どうすればいいのかわからない状態で、本人や家族が数年間も地獄のような苦しみの日々を送りました。実体験を公開してます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ひきこもり体験レポート
不登校・ひきこもりFacebook
最近の投稿
カテゴリー
関連ページ
人気ブログランキング
アーカイブ
タグ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ