二次的うつがもたらす「定型うつ」「ひきこもり」について

パニック障害を患うことで併発する可能性が高い症状に二次的うつとよばれる「うつ病」があげられます。

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害がもたらす二次的うつの症状については、
以下のページでも説明させていただきました。

⇒二次的うつとは?

 

 

 

 

パニック障害の症状が長引くことで、
うつ病を誘発するわけですが、患者本人をとりまく
環境によっては、さらに悪化する場合があります。

 

 

どういうことかと言うと、
二次的うつを併発した患者本人がパニック障害時に、
どんな生活環境で過ごしていたかということ。

 

 

ほとんどのパニック障害患者は、外に出ることが
出来ない場合が多く、人込みなども嫌います。

 

 

社会人になって発症した場合の多くは、
出勤することができなくなります。

 

 

また、未成年(学生)の場合も同様で、
学校などの共同生活が困難になるでしょう。

 

 

二次的うつの特徴としては、本人やまわりが、
気付かないことが多いということ。

 

 

そして二次的うつになるとパニック症状が、
緩和して改善したかのように見えることが、
周りの家族や医師にも見えてしまうので、
どうしても対応が遅れます。

 

 

そのうち本格的なうつを発症するのです。

 

 

勤務先を休んでいたり、学校へも行っていない
という状況は、必然的に「ひきこもり」という
状況を引き起こします。

 

 

社会との接点がなくひきこもることで、
うつ症状は悪化し、完全な「ひきこもり」
という状況になっても不思議ではないのです。

 

 

二次的うつの場合には、気分がすぐれず、
落ち込んだりしますが、気分のいい時には、
普通に見えることもあります。

 

 

これに対して、一般的にいわれるうつ病は、
「定型うつ病」と呼ばれうつ症状が常態化し、
自傷行為や過食嘔吐に発展したりします。

 

 

最近全国で増えている「ひきこもり」ですが、
うつを発症することが少なくありません。

 

 

完全なひきこもり状態になってしまうと、
解決にはとても時間がかかります。

 

 

二次的うつを早く発見して「定型うつ」に
ならないようにすることが必要です。

 

 

ひきこもり解決事例については、
以下のページでご覧ください。

 

 

 

⇒ひきこもりを解決した親の実話

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

管理人 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!

 

と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。

 

宜しくお願いいたします。

 


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

 

 

 

 

comment closed

管理人:難病@おやじ



管理人の“難病@おやじ”です。
私は、国の指定になっている 難病患者です。
一生治ることはないと医師から 言われていますが、どんな病気も あきらめたら終わりだと思って 生きています。


⇒プロフィール詳細はこちら

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。




パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村



自然治癒力 FaceBook
最近の投稿
個別詳細説明ページ
カテゴリー
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





サプリメント
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ