パニック障害患者サポートの具体的ポイント

パニック障害やパニック症候群の患者をサポートする場合には、注意しなければならないポイントがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前お話したように、パニック障害の克服には、周囲の人、
特に家族の人たちの病気に対する理解と治療への協力が
必要になります。

 

⇒家族や身内がサポートする場合の注意点

 

 

家族の理解と協力が得られないと、パニック障害の患者さんは
強い孤独感や不安感を抱くことになります。

 

 

パニック障害は適切な治療により治る病気なので、家族も焦らずに
バックアップしてあげることが早期完治を促します。

 

 

パニック障害患者をサポートする場合の具体的ポイントを
説明させていただきます。

 

 

 

【パニック障害患者さんと接する場合のポイント】

 

① 出来る限り診察に同行するようにする

 

なるべく早く正確な症状を担当医に伝えるためにも、
家族や身内の方が診察に同行することが望ましい。

 

また、家族の方も診察室へ入って一緒に担当医の説明を
受けることによって、パニック障害への理解や知識が深まり、
治療の進行や自宅でのサポートもスムーズになります。

 

 

 

 

② パニック発作時の不安や心細さ・副作用に対する不安など、
患者本人が抱えている問題を共有する

 

「また発作が起こるのではないか?」

 

「死んでしまうのではないか?」

 

というパニック障害の患者さん本人が抱えている不安は、
パニック発作を経験した人でなければ、簡単には理解しにくい
かもしれません。

 

 

しかし、パニック障害は治療を受ければ必ず治る病気だ
という事を理解して、温かく見守ってあげて下さい。

 

 

家族や周囲の人の温かな思いやりが、パニック障害患者さんに
とっては何よりの安心になるのです。

 

 

 

 

③パニック 発作が起こったときは、そばにいて安心感を
与えてあげる

 

パニック発作が起きると「このまま死んでしまうかもしれない」
というような強い不安に襲われます。

 

 

でもパニック発作で死ぬことはないので、発作の時は
パニック障害患者さんの側にいて、「死んでしまうことはない」
ということを説明し、このような不安を取り払ってあげるように
して下さい。

 

 

 

 

④ 広場恐怖の患者には、外出時に付き添うことも必要

広場恐怖のある患者さんは、買い物や外の用事に行くのが
辛いことがあるので、その場合はできるだけ手伝って
あげましょう。

 

 

広場恐怖による、家から出れない状態は、うつ病などの
二次的な症状を発症させる可能性があります。

 

 

誰かが付き添うことで、患者さんが外出できるのであれば、
なるべく手伝ってあげて下さい。

 

 

 

 

 

⑤ 出来る限り、話し相手になる

 

パニック障害患者は、身近な人の声を聞くだけでも安心するので、
ほんの1~2分でもいいので話し相手になってあげましょう。

 

 

パニック発作に伴う強い不安が患者さんを悩ませています。

 

 

家族や友人などの、身近な人と話すことは患者さんにとって
大きな安心になります。

 

 

少しの時間、患者さんと話をするといった小さな事でもいいので、
患者さんが安心感が得られるように協力してあげて下さい。

 

 

 

ただし、話したくない時に無理に話すのはよくありません。

 

 

本人の、その時の状況に合わせてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

尚、日常生活での注意点もあります。

 

 

● 規則正しい生活を心がける(早寝・早起き)

 

● ストレスを溜めすぎないようにしましょう

 

● 風邪を引くとパニック発作が起きやすくなると
言われていますので、風邪を引かないように注意する

 

 

● カフェイン飲料(例:コーヒー)などの刺激物は、
不安発作を起きやすくしますので、飲みすぎは控える

 

 

 

パニック障害患者さんにとって、家族・周囲の人たちの
理解と協力は、克服するためには不可欠です。

 

 

 

患者さん自身も、自分でできるケアは自分からすすんで
するように努力することも効果があります。

 

 

「がんばりすぎず、あきらめない」の気持ちで、
焦らずに続けることが必要です。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 予期不安とは・・・…

    予期不安とは、一度発作を起こしてしまうと、 「また発作が起こるのではないか?」 「死んでしまうのではないか?」 「誰も助けにやってきてくれないのではないか?」 「恥をかいてしまうのではなか?」 といった不安にかられる症状です。 《予期不安は心配性とは違う 》 「私は心配性なので・・・。」 そんな人は沢山いますが、パニック障害の予期不安は、 心配性とはわけが違います。 パニック障害でいう予期不安とは、脳に原因があるもの ですから、周囲も一般的な解釈では理解できないことも 多いかもしれません。 予期不安…

管理人:難病@おやじ



管理人の“難病@おやじ”です。
私は、国の指定になっている 難病患者です。
一生治ることはないと医師から 言われていますが、どんな病気も あきらめたら終わりだと思って 生きています。


⇒プロフィール詳細はこちら

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。




パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村



自然治癒力 FaceBook
最近の投稿
個別詳細説明ページ
カテゴリー
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





サプリメント
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ