パニック障害が思うように改善しない場合

パニック障害(パニック症候群)の症状は人によって改善の進み方が違うのには、理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害の治療には、薬物療法をはじめ様々な精神療法が
ありますが、改善に時間がかかったり、克服できないといった
患者さんにある特徴がみられます。

 

 

 

これは、「パニック障害になりやすい性格」でもお話しましたが、
【完璧主義】の方が、多いようです。

 

 

 

完璧主義と聞くと、実際に完璧主義の患者さんは、
「私は完璧主義じゃない!」

 

 

と言われることが多いのです。

 

 

パニック障害を治そうと思う気持ちが強いのはいいのですが、
それが満点を求めてしまうことに問題があります。

 

 

投薬治療を受けて、その効果に対して不満はないですか?

 

 

カウンセリングを受けて、満足できているでしょうか?

 

 

認知行動療法、自律訓練法、減感作療法などの精神療法は、
思った通りの効果が出ているでしょうか?

 

 

もちろん、効果が感じられない、またはまったく効果がない
と言う場合は、その治療法があなたに合っていないと考える
ことも間違いではありません。

 

 

でも、効果に対して短期に満点を求めすぎると、どうしても
ストレスに繋がります。

 

 

パニック障害に、即効性のある治療はないのです。

 

 

もしあったとしてもそれは、疑ってみる方法?と言える
かもしれません。

 

 

ものすごく強い薬などは、そのいい例です。

 

 

ですから、あきらめる必要はありませんがもう少し長い目で、
ゆとりを持って、満点を求めるのではなく50%でも60%
でもがんばれた自分を容認しましょう。

 

 

すこしづつ、ゆっくりと改善するのがパニック障害です。

 

 

そう思うだけで、なんだか気持ちが楽になるはずです。

 

 

少しづつでも前へ進んでいるんだ!ということを受け入れて
がんばりすぎないことです。

 

 

当ブログのタイトルでもある

 

 

【がんばりすぎず、あきらめない】という気持ちで
無理をせず、ゆっくりと治していきましょう。

 

 

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し 」ということわざに
学ぶことも多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】

 

 

管理人: 難病@おやじ

 

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングを
クリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comment closed

管理人:難病@おやじ



管理人の“難病@おやじ”です。
私は、国の指定になっている 難病患者です。
一生治ることはないと医師から 言われていますが、どんな病気も あきらめたら終わりだと思って 生きています。


⇒プロフィール詳細はこちら

記事が参考になったよ!と思われましたらブログランキングをクリックしていただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。




パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村



自然治癒力 FaceBook
最近の投稿
個別詳細説明ページ
カテゴリー
パニック障害改善法
現役の精神科医による治療方法を取り入れることによって自宅で行うことが可能なパニック症候群改善法です。
自称カウンセラーとかセラピスト、アドバイザーという方の方法とは一線を画し信頼性が高く、実績のある方法です。





サプリメント
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ