定年後に“ひとりぼっち”の時間を贅沢に使うためには!?

あなたには自分ひとりだけの時間を
どのように過ごしていますか?
“ひとりぼっち”は寂しいと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一人の時間が好きです。

 

 

 

でもそう考えるようになったのは、
50歳を過ぎたころから…

 

 

 

ちょうど子供たちが自立し始めた
そんな時期からかもしれません。

 

 

 

今から思えば、
育児や教育などにお金のかかる時期は、
一人の時間を楽しむなどという
余裕もなかった。

 

 

 

今年還暦を迎えて、
特に一人の時間の大切さと贅沢を
しみじみと感じる。

 

 

 

さて、
一人の時間をどう使うかについては、
人それぞれ違うものです。

 

 

 

何をするにも、

 

“ひとりぼっちは寂しい”

 

というタイプもいるようです。

 

 

 

私は、若いころから、
何かを決断したり行動に移す時は、
ほぼ自分ひとりで決めていました。

 

 

 

16歳になったと同時に、
原付免許をとり、バイクに乗り、
毎週一人で出かけていました。

 

 

 

 

誰にも邪魔されない、
一人だけの時間を満喫していた。

 

 

 

もしかしたら根っからの、

 

“ひとりぼっち好き”

 

だったのかもしれない。

 

 

 

その後進学、就職といった選択も、
誰に相談することなくすべて自分で
決めて生きてきたように思う。

 

 

 

もちろん金銭的には親に負担を
かけていたのはあったが…

 

 

 

ところで、
高齢化社会と言われて久しいが、
当時よく耳にしたのが、

 

 

「わしも族」

 

 

これはご存知だとは思うが、
定年退職したご主人が定年後に
何もすることがなく妻と行動を
共にする人を指すらしい。

 

 

 

あまりいい意味ではなく、

妻が買い物などいろんな用事で
出かける時に

 

「わしも…行く」

 

といってまとわりつく状況を
「わしも族」と揶揄しているのだ。

 

 

 

サラリーマンをしていれば、
会社としては給料を払うので、
何かしらの仕事は与えられる。

 

 

 

能力のあるなしにかかわらず、
能力に見合った仕事?をあてがわれ、
自分で考えなくても与えられる状況が
当たり前のように続くのだ。

 

 

 

こういうタイプのサラリーマンが、
定年退職すると、

 

「わしも族」

 

となる確率が高いのは明白。

 

 

※画像はイメージです

 

 

 

 

 

方や自営業をしているタイプに、

 

「わしも族」

 

を見かけることはあまり無い。

 

 

日々自分の仕事や収益についてを、
自分の責任として毎日考え行動する
という習慣があるからだろう。

 

 

 

また自営業は基本的に定年もない。

 

 

 

私の想像ではあるが、
サラリーマンの妻の気持ちを思うと
たぶん

 

“うざったい”

 

と思っているのではないかと・・・

 

 

 

旦那(ご主人ではなくあえてこう呼ぶ)
が今まで仕事で居ない日中の時間は、
大変なこともあるが自由な時間だ。

 

 

 

買い物1つ行くにしても、
ゆっくりと自分のペースでできるし、
何を食べようが自由である。

 

 

 

実は、今の私は“ 主夫 ”である。

 

 

 

昨年までパート社員として働いていた
ある会社を退職し、今は妻だけが
正社員としてフルタイムで働いている。

 

 

 

私は・・・と言えば、

 

 

 

掃除、洗濯はしないまでも、
食事や買い物は毎日している。

 

 

 

食事を考えたり作ったりするのは、
おかげさまで嫌いではないので、
けっこう楽しく過ごせている。

 

 

 

その他の時間は、仕事をしたり、
趣味の時間に充てているので
暇ですることがないという日は
ほとんどない。

 

 

充実した日々を過ごせている。

 

 

 

「わしも族」の話をしたが、
私が思う

 

“ヤバいタイプ”

 

がもう1つある。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

育児~教育~就職~結婚(自立)
といった我が子(や孫)の成長のみが

 

“生きがい”

 

というタイプである。

 

 

 

 

これを頭から否定するつもりはない。

 

 

我が子の成長が楽しみであり、
それがあるから頑張れるのも事実。

 

 

 

私の母親などもそうだったから。

 

 

 

問題なのは

 

 

“我が子の成長だけが生きがい”

 

で、それしかないという場合です。

 

 

 

今まで我が子や孫が自立した後に、
目標が無くなって一気に老化する
という現実をたくさん見てきた。

 

 

 

人生100年と言われる昨今だが、
健康年齢も80歳前後になっている
最近は、一人になった時の時間を
どう有意義に使えるかというのは、
とても大切になってくる。

 

 

 

子供たちが巣立ってはじめて、

 

「さあ、何をしたらいいのか?」

 

「何か趣味でも探してみよう」

 

と思っても、
なかなか今までの習慣が邪魔をして、
新しいことはできないものである。

 

 

 

私は、生前母親に、

 

「何かしたいことはないのか?」

 

「興味のあることをすればどうや?」

 

「行きたいところはないのか?」

 

といった問いかけをしていた。

 

 

 

でも結果、何もすることなく
今年あの世へ逝ってしまった。

 

 

 

私は今年還暦(60歳)なので、
あと何年生きているかはわからない。

 

 

 

だからこそ、1日1日いや、
1時間、1分、1秒という時間が、
とても貴重に感じるようになった。

 

 

 

好きなことを目一杯やりたいし、
充実した毎日を送りたい。

 

 

 

その為に、一人の時間を大切に、
そして納得のいくように使いたい。

 

 

 

家族や子供のための人生から
後の人生(時間)は、自分自身の為に
使ってもいいのでは…

 

 

 

と考えるこの頃です。

 

 

 

 

 

追伸:

 

私は一人で映画にも行きます。

 

一人で温泉(日帰り入浴)も行きます。

 

一人でバイクツーリングをします。

 

一人でスイミングをします。

 

一人で釣りもします。
(最近始めたばかりですが…)

 

 

写真撮影も好きです。
(素人の画像に過ぎませんが…)

 

ただ、食事はあまり一人でしないかも!

 

一人の時間が充実していると、
何故だか、人にもやさしくなれます。

 

妻とも今まで以上に良好な関係です。

 

あなたも一人の時間を楽しんでみては…

 

ちょっと世界観が変わりますよ。

 

※ちょっとすることありすぎで、
時間が足りないのが悩みの種

 

それではまた・・・

 

⇒管理人ってどんなヤツ?

 

【ブログランキングに参加中!】

良かった、参考になった、面白かったという方は、
ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。
m(_ _)m


シニアライフランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール



管理人:ARAKAN

私自身がアラ還の管理人ですが、現在進行形で稼ぎ続けています。
定年後~老後や終活までコンスタントに稼ぎ続けることができる方法を、60歳以上の方限定で公開しています。


⇒プロフィール詳細

人気ブログランキング


ブログランキングに参加中!

良かった、参考になった、面白かったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。



シニアライフランキング
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村



FeedPing

最近の投稿
Facebook page
twitter
カテゴリー
個別詳細ページ
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ