母親が逝去しました。

目安時間:約 6分

今年還暦を迎えるまで同居していた
母親が急逝しました。
いつかはこんな日が来るとは思っていたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の通夜、葬儀も終わり、
初七日も過ぎました。

 

 

 

亡くなった当日からとても忙しく、
10日あまり経つと、やっと通常に戻る
と思っていました。

 

 

 

生前母親とは、毎日のように口喧嘩を
していたように思う。

 

 

母の一言一言がとても煩わしく、

 

「うるさい」

 

と毎日のように言っていた。

 

 

変な言い方だが、

母親が死んでも悲しまないだろう…

などとも思っていたくらいである。

 

 

亡くなる前日も、一緒に夕食をとり、
その時もちょっとした話で言い合いになった。

 

 

その会話が、母との最期の会話になるとは…

 

 

 

翌日の朝には、返らぬ人となった母。

 

 

 

あまりに急すぎて気持ちが追い付かない。

 

 

 

葬儀の前後までは、忙しすぎて、
ゆっくり考える暇もなかった。

 

 

 

母の遺影を前に、一人で拝んでいると、
どうも気持ちが沈んでしまう。

 

 

 

まさか自分がこんな気持ちになるなんて、
思ってもみなかった。

 

 

 

「とてもさみしい…」

 

 

 

身体障害者でもあった母をつれて、
よくスーパーマーケットへ買い物に行った。

 

 

 

一人でスーパーマーケットへ買い物に行くと、
いつも隣で買い物かごに品物を入れていた
様子が目に浮かんで悲しくなった。

 

 

 

こういうのが好きだったな~

 

とか、

 

いつも決まって、コレを買ってたなぁ~

 

といった思い出が、蘇ってくる。

 

 

 

いっぱい苦労をかけて、ダメな息子だったと、
今になって思う。

 

 

 

母が亡くなる2日前には、
父親が入院したこともあって、
日中は自分ひとりしかいなくなった。

 

 

 

ガランとした家の中で、
いつもいた母や父がいない毎日は、
本当に寂しいものである。

 

 

 

「うざったい」

 

 

と毎日のように思っていた母と、
毎日のように口喧嘩をしていた当時が、
とても懐かしく思える。

 

 

 

そんな毎日は、今となっては二度と戻らない
至福の時間だったのかもしれない。

 

 

 

「もっとやさしくしてあげればよかった」

 

「もっと話を聞いてあげればよかった」

 

 

亡くなってからそう思うが、後の祭りである。

 

 

 

家の中や庭など、いろんなところに母の
面影が残っている。

 

 

 

自分の親を見送るという寂しさを、
初めて味わうことで、死というものを身近に感じ、
今までにない気持ちになりました。

 

 

 

母には、あの世でゆっくりと何も心配せず、
安らかにいて欲しいと思うばかりである。

 

 

 

本当にお疲れさまでした。

 

 

そして

 

本当にありがとう。

 

 

合掌。

 

 

 

【ブログランキングに参加中!】

良かった、参考になった、面白かったという方は、
ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。
m(_ _)m


シニアライフランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

 

タグ:

カテゴリ:終末活動  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール



管理人:ARAKAN

私自身がアラ還の管理人ですが、現在進行形で稼ぎ続けています。
定年後~老後や終活までコンスタントに稼ぎ続けることができる方法を、60歳以上の方限定で公開しています。


⇒プロフィール詳細

人気ブログランキング


ブログランキングに参加中!

良かった、参考になった、面白かったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。



シニアライフランキング
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村



FeedPing

最近の投稿
Facebook page
twitter
カテゴリー
個別詳細ページ
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ