コンビニ経営から止む無く手を引くことに・・・

目安時間:約 5分

脱さらしてコンビニ経営をやり始めてから、
約13年経った頃には、唯一の生業であった
コンビニエンスストアを辞める決断をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットオークションを約1年ほど続けた
というお話は、前回、お話させていただきました。

⇒なぜネットビジネスなのか

 

 

私の場合は、当時一番メジャーな、ヤフオク
(ヤフーオークション)の出品をしていました。

 

 

さて、ヤフオクをやりながらコンビニを
続けていたのですが、坐骨神経痛が悪化し、
まともに立っていられないほど酷い状態に
なりました。

 

 

その後しばらくすると、椅子にも座れない
という最悪の状態になり、オーナーですが、
全く店舗へ出ることができなくなりました。

 

 

その期間、妻がいるとはいうものの、
スタッフを24時間管理するというのは、
主婦でもある妻にとっては無理でした。

 

私はといえば、横になって寝ていても、
痛みが襲い、まともに睡眠もとれないほど。

 

 

いろんな医者を受診してはみたのですが、
手術するほどでもないという診断。

 

 

かといってほとんど痛みで歩けないし、
食事でも椅子にも座れず、トイレの便座に
座ることさえ苦痛でしかありませんでした。

 

 

結局、手術という選択肢は自分の中にはなく、
都合約1年間近くを寝たきりで過ごしました。

 

 

この時に、

「身体が健康じゃないと仕事もできない」

ということを痛感したのでした。

 

 

 

オーナーが1年あまりも店舗に出ないと、
案の定店舗の売り上げは一層落ちました。

 

 

何よりも、ただでさえ利益がでていないのに、
私のかわりに勤務するスタッフの人件費は、
どんどん増え続けることに・・・

 

 

この時点で、もう経営としては破綻状態です。

 

 

もし仮に私が、腰の手術という選択をして、
数か月で復帰したと仮定しましょう。

 

 

それでも、店舗を運営できる健全な状態に
できないことは明白でした。

 

 

つまりは、自分の身体や時間を削って、
人件費を下げることでしか損益分岐点に
近づけるしか方法はありませんでした。

 

 

この時点で、私はコンビニ経営に見切りをつけ
新しいビジネスを模索しはじめました。

 

 

 

コンビニビジネスの限界を知ったのです。

 

 

そこで思い切ってコンビニ経営から手を引く
という決断をしたのでした。

 

 

ところが、そう簡単に手を引けるものではない、
その現実に心が折れそうになりました。

 

 

さあ、どうしたものか?

 

 

 

悩んだあげくにある「決断」をすることになります。

 

 

コンビニを辞めてからも、地獄がまっているとは、
この時にはまだ理解していなかった。

 

 

コンビニを辞めてからの地獄については、
別ページでお話させていただきます。

 

 

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

 

 

⇒プロフィールもご覧ください

 

 

【ブログランキングに参加中!】

良かった、参考になった、面白かったという方は、
ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。
m(_ _)m


シニアライフランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール



管理人:ARAKAN

私自身がアラ還の管理人ですが、現在進行形で稼ぎ続けています。
定年後~老後や終活までコンスタントに稼ぎ続けることができる方法を、60歳以上の方限定で公開しています。


⇒プロフィール詳細

人気ブログランキング


ブログランキングに参加中!

良かった、参考になった、面白かったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。



シニアライフランキング
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村



FeedPing

最近の投稿
Facebook page
カテゴリー
個別詳細ページ
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ